« 副首相泣く。 | トップページ | 大使館よ。。。。 »

2011年10月18日 (火)

もういい加減にしたら?

 こんなの、ニュースでも何でもないよ。

 最近、『毛沢東秘録』を読み直したせいか、こうした記事がすべて内部抗争に根ざしたプロパガンダのように思えてなりません。鉢呂氏の時もそうでした。特に読売は低質ですね。誰かは分かりませんが、何かの手先になっているとしか思えない。朝日、毎日も読売に負けじと頑張ってしまうときがあります。産経の方がマシに見えるぐらい。

 真剣に復興をどうすべきかを考えずに、それをネタにプロパガンダに励むのは、被災者を愚弄しているとしか思えませんが。結局、被災地・被災者は、東京でぬくぬくと権力闘争をしている人たちの具材にすぎないのでしょうか。

「逃げなかったバカなやつ」…復興相が友人を
2011年10月18日(火)20時14分配信 読売新聞

 平野復興相は18日、福島県二本松市で開かれた民主党参院会派の研修会で、東日本大震災での津波被害に言及した際、「私の高校の同級生みたいに逃げなかったバカなやつがいる。彼は亡くなりましたけど、バカなやつって言ってもしょうがないですけどね」と述べた。

 平野氏は研修会後、記者団に「友人への個人的な思いがあって、ああいう表現になった。不快な思いをした方がいれば、おわびする」と哀悼の意を込めた発言だったと釈明した。

 だが、犠牲者への配慮を欠いた発言として、野党などから早くも反発の声が出ている。

 自民党の大島理森副総裁は18日、平野氏の発言について、記者団に「許されざる言葉だ。野田首相の任命責任、各閣僚が適格なのか、追及しなければならない」と述べ、次期臨時国会で追及する考えを示した。

|

« 副首相泣く。 | トップページ | 大使館よ。。。。 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

 鉢呂発言はなかった、と上杉氏あたりが書いていますね。彼がいつも正しいとは思わんが、彼に対する記者クラブメディアの無視ぶりは気色悪いぐらい。
 日本には記者はいてもジャーナリストはいない、と言っていた人がいたそうだが、そうかもしれん。

投稿: tachinomiya | 2011年10月19日 (水) 02時03分

同意。単にうざい新聞になりつつあるね。ここ何年も日本の新聞はこればっかりだよ…「犠牲者への配慮」ってなんですか?「バカ」という言葉にどういう感情を込めているのかわからないのかなあ。なんだか、「放射能つけちゃうよ~」発言も怪しいようじゃないですか。だめだこりゃ(by いかりや)毎度乱文でSorry!

投稿: JO | 2011年10月19日 (水) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135533/53026753

この記事へのトラックバック一覧です: もういい加減にしたら?:

« 副首相泣く。 | トップページ | 大使館よ。。。。 »