« 電気代1000円アップとは | トップページ | 気をつけましょう。(在タイ大使館からの注意喚起) »

2011年7月13日 (水)

ネパール、バングラは近い

 先週、バンコクで研修を主催しました。ネパール、バングラデシュの人もいらして、久しぶりの人も多く、楽しいひとときを過ごしました。自分が直接担当するプロジェクトじゃないから、気楽だったというのもあります。

 彼らの帰国、空港までお見送りをしました。まず、タイ航空の直行便がカトマンズまで飛んでいることに驚き。そして、ふと気づいたので聞いてみました。「何時間かかるの?」

「バングラまでは2時間」

「ネパールまでは3時間」

 え、近くない??? だって、同じ東南アジアのジャカルタまで3時間半だよ?? と一瞬思いつつ、世界地図を頭に描いてみると、確かにそうかも。西に向けて上昇していけば、あっという間にカンチャナブリ、ミャンマー国境。ミャンマーを超えてしまえば、バングラデシュ。たしかにそうだ。。。。

 家に帰って、地図を見てみると、確かにそうです。ジャカルタよりも近い。

 この間、バングラデシュからの移住労働者の話とかを聞いて、「遠いのに」と一瞬思ったのですが、地理的にはとても近い。人々はきわめて合理的に動いています。南アジア・東南アジアで地図は別々になりますが、世界は連続していて、そうした切れ目はきわめて便宜的なものでしかないことを思わされます。

|

« 電気代1000円アップとは | トップページ | 気をつけましょう。(在タイ大使館からの注意喚起) »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

>べっち
 そうそう。日本にいると気づきにくい視点だよね。
 実は日本も例外ではないんですが、近代国家成立後の明治以降の話しか習わないから、そうしたダイナミクスと連続性が分からない。

投稿: tachinomiya | 2011年7月13日 (水) 13時50分

何度めかの入試の時(⌒-⌒; )、世界地図を書いて時系列で国境を入れたりしていて、まるで内蔵みたい、と思ったもんでした。
てか、あの時世界観がガラリと変わったかもね。

内臓のように密接で相互に切ってもきれない関係があるんだな、と

投稿: べっち | 2011年7月13日 (水) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135533/52194227

この記事へのトラックバック一覧です: ネパール、バングラは近い:

« 電気代1000円アップとは | トップページ | 気をつけましょう。(在タイ大使館からの注意喚起) »