« 総選挙前、与野党共に反原発で足並み | トップページ | 電気代1000円アップとは »

2011年6月 6日 (月)

ベトナム、中国、アメリカ

 時の流れを感じるよね。ホント。米軍を歓迎するベトナム。。。

 数年前、来日したベトナム政府の人を案内したときに、日本のちょっと年配の方が、「ベトナム戦争の時は、連帯して反戦運動をしたんです」と言って歩み寄ってきたのですが、ベトナム政府の役人の方がキョトンとしていました。ベトナムが戦争後、特にドイモイ後、ダイナミックに変動しているのが視覚的に分かったような感じがして、おもしろかったです。

(以下、引用)

 【シンガポール時事】ベトナムのグエン・チー・ビン国防次官は5日、アジア安全保障会議出席に合わせシンガポールで記者会見し「主権の尊重を前提に、(東南アジアにおける)米軍のプレゼンス(存在)を歓迎する」と表明した。ゲーツ米国防長官が同会議での演説で、東南アジアでの米軍強化の方針を明示したのを受けた発言。
 ベトナム戦争を戦った米軍の存在を容認する姿勢をベトナムが示した背景には、南シナ海進出を強める中国への対抗心があることは明らか。南シナ海をめぐる中国と東南アジアの一部諸国との摩擦は、米軍を巻き込んで激しさを増しそうだ。(2011/06/05-19:29)

|

« 総選挙前、与野党共に反原発で足並み | トップページ | 電気代1000円アップとは »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135533/51876203

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム、中国、アメリカ:

« 総選挙前、与野党共に反原発で足並み | トップページ | 電気代1000円アップとは »