« 英語は付加価値じゃなくて負荷価値 | トップページ | 総選挙前、与野党共に反原発で足並み »

2011年6月 2日 (木)

NHK国会中継視聴中

 ネットの国会中継を見ようと思ったら、サーバーが満杯のようでつながりません。KeyholeTVでNHKを見ています。「観る」というか、こっちもサーバー満杯で、映像が映らない。。。。音声だけで楽しんでいます。

 大島さんの演説(不信任案の趣旨説明)は個人攻撃。総理の資質の一点に絞り込んで不信任案提出ということなのでしょうか。最初は勢いがよかったけれど、途中からしんどくなってきました。声はなかなかよい。

 さて、次は、反対討論ですね。誰だろう。山井さんの声? 正論ちゃ正論ですよね。ただ、それがうまくいっていないでしょ、というのが不信任案の理由だから、まあすれちがい。「権力闘争」の指摘は、提出した野党ではなくて、与党内に向けられています。たぶん。

 年末まで切れ目なく国会を開く通年国会の提案は一理あるけど、この場面で出されると、うさんくさいですね。山井さんがどうこうではなくて、「一事不再議」の原則でこの会期中、二度と不信任案が出せなくなるんじゃないかな。年末まで、だと二次補正だけじゃなくて、次年度予算編成までかかりますね。

 賛成討論は自民は石原さん。大島さんの演説の方が伝わってくる。っていうか、浜岡原発停止を闇雲に批判するのは逆効果だと思うけど。中部電力も停電いらないって言っているじゃない。あと、何があってもヒットラーにたとえちゃいかんよ。自分のお父さんだって独裁者扱いされるときもあるじゃない。

 続けて公明党。演説と言うよりもアナウンサーみたい。原稿を読んでます、という感じ。マニフェスト反故も不信任の理由なんですね。この辺が自民との違いの強調か。

 みんなの党も賛成討論。原発対応のまずさ一点勝負っぽい。党首のメルトダウンに関する質問を言下に否定されたところから、議論を展開しています。「アジェンダ」とかわざわざ挿入しなければいいのに。嫌らしく聞こえます。

 共産・社民は棄権か。

 小沢グループは自主投票へ。政治の世界は怖いね。よくわからん。こういうのは勝ち馬にどっと乗るから。あ、否決されましたね。あとはどれくらい差が開くか。大差ですね。小沢さんは欠席?棄権?

 でも、「辞める」といったん口にしちゃうと、政治家って、それまでです。菅さんの代議士会での「若い世代に云々」というのも、小沢封じ以上のメッセージのない、うち向きな発言にしか聞こえてこないのが悲しいです。

 国は、とっととやることをやる。それだけでいいんです。被災者自身なり、被災自治体がせっせと復興に励めるように、制度を修正させて、必要な法律を作って、予算を充てる。これ以上できることは本来ない。プランは本来は自治体から出てくるべき。国は大きな行司役か調整役に徹すればいい。本当に今取りざたされている復興機関がそのために必要なのか。

 とにかく、復興を東京の政争のカードにしちゃいかん。東京ですべてをコントロールしようとするからスピード感がでない。与党も野党もその部分については間違えておるように思う。

|

« 英語は付加価値じゃなくて負荷価値 | トップページ | 総選挙前、与野党共に反原発で足並み »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135533/51834443

この記事へのトラックバック一覧です: NHK国会中継視聴中:

» 内閣不信任案否決 首相早期退陣を否定?! [王様の耳はロバの耳]
首相、早期退陣を否定、党内対立再燃必至(読売新聞) - goo ニュース わははは! 菅首相は退陣を口にする事で「不信任案」を否決する事に成功しました。 浜爺の31日のブログを読んだに違いありません。 「無能」を理由に不信任案があわや可決されるかと思われた菅首相...... [続きを読む]

受信: 2011年6月 7日 (火) 08時25分

« 英語は付加価値じゃなくて負荷価値 | トップページ | 総選挙前、与野党共に反原発で足並み »