« イーテレって。。。 | トップページ | 大家の子ども »

2011年5月28日 (土)

北朝鮮外交官を見た

 今週、国連ESCAP(アジア太平洋経済社会委員会)の年次総会がありました。北朝鮮も国連加盟国なので、もちろんいます。

 障害者に関することが議題になるような国連の会議にも、たまにいます。ただ、彼らがこうした場で、障害問題について公式に発言したりペーパーを出したりしたのを見たことはありません。残念ながら。

 今回、久しぶりに姿を見ました。もちろん、一度も話したこともないし、顔を覚えているわけでもないのですが、胸にはきちんと例のバッチが付けられていて、一目でそれとわかります。

 今回は社会保障が主テーマでした。各国代表の演説で、北朝鮮は「平和的な環境が人々の生活を向上させるのに不可欠だが、敵対国の存在が云々」と発言していました。ふーむ。日本とか韓国とかアメリカとか名指しするかと思ったのですが、固有名詞は出なかったようです。日本の代表が、身を乗り出して発言をチェックしていたように見受けられました。

 パーティーでも一人、ぽつんとしていたし(誰に話しかけるでもなく、興味深げにケーキを食べていた)、こういう舞台でも孤立してるんでしょうかねえ。

|

« イーテレって。。。 | トップページ | 大家の子ども »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135533/51790008

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮外交官を見た:

« イーテレって。。。 | トップページ | 大家の子ども »