« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

大家の子ども

 先日、夕暮れ迫る中、電気も付けずにいたら、突然大きなノックの音がしました。

 まだ家賃には早いのに、と思って扉を開けると、そこには大家さんの息子さん(中学生)がEMSを持って立っていました。

 EMSを私に渡すと、彼はずかずかと中に入っていきます。もともと電車好きの彼が使っていた部屋を、大家さんが他人に貸すようになったから、彼からすれば、自分の部屋感覚なのかも知れません。それだけではなく、前から、私の部屋、特に本棚に興味があったようなので、とがめることなく入らせました。

 汚れててごめんね、と言うと、首を軽く横に振り、一言「cool!」。うらやましそうな顔をして立ち去っていきました。

 この部屋の何がかっこいいのか、借り主たる私にも理解できません。

 私の部屋はstudio typeといって、ワンルームです。実は大家さんも同じフロアに住んでいるので、同じ間取り。そこに、中学生の息子と小学校高学年の娘を合わせて4人で住んでいます。思春期の子どもからすれば、やっぱり、自分の城がほしいんだろうな、とこの日の彼を見て思いました。

 そうすると、大家さんも引っ越して、今のところも誰かに貸すのでしょうか。そうすると、日本語しゃべれる人がいなくなるから、こまるなあ。家賃払うのもめんどくさくなりそうだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土)

北朝鮮外交官を見た

 今週、国連ESCAP(アジア太平洋経済社会委員会)の年次総会がありました。北朝鮮も国連加盟国なので、もちろんいます。

 障害者に関することが議題になるような国連の会議にも、たまにいます。ただ、彼らがこうした場で、障害問題について公式に発言したりペーパーを出したりしたのを見たことはありません。残念ながら。

 今回、久しぶりに姿を見ました。もちろん、一度も話したこともないし、顔を覚えているわけでもないのですが、胸にはきちんと例のバッチが付けられていて、一目でそれとわかります。

 今回は社会保障が主テーマでした。各国代表の演説で、北朝鮮は「平和的な環境が人々の生活を向上させるのに不可欠だが、敵対国の存在が云々」と発言していました。ふーむ。日本とか韓国とかアメリカとか名指しするかと思ったのですが、固有名詞は出なかったようです。日本の代表が、身を乗り出して発言をチェックしていたように見受けられました。

 パーティーでも一人、ぽつんとしていたし(誰に話しかけるでもなく、興味深げにケーキを食べていた)、こういう舞台でも孤立してるんでしょうかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イーテレって。。。

 これを読んで、「E電」を思い浮かべた人は結構多いはず。どう見ても二の舞。
 っていうか、「教育テレビ」で認知もされ、十分親しまれていると思うが。今さら「教育」に引っかかる人もいないぐらい「教育テレビ」「NHK教育」は一つの言葉として認知されている。

教育テレビが「Eテレ」に=NHK
 NHKは27日、教育テレビの対外的な名称をすべて「Eテレ」に変更すると発表した。新聞やテレビ情報誌の番組表なども6月1日からEテレと表記される。
 放送免許などの正式名称は教育のままだが、NHKは「認知度を向上させ、より親しみを持ってもらうため」として、昨年からPRしてきた愛称のEテレで統一することにしたと説明している。Eは教育に加え、エコロジーの意味も込めたという。(2011/05/28-00:32)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

招待状がやっとできた&結納

 4月にデザインを出した招待状がやっと刷り上がりました。結構きれいなできあがりに、相方共々ご満足。お店でも、サンプルとして1枚店頭に置くんだそうです。

 とはいえ、紙のサイズが原稿サイズ(元々のデザインはアメリカのサイトで拾ってきたから)に合ってなかったりとか、いろいろあったのはわかりますが、ちょっとかかりすぎ。「4月吉日」「陽春の候」じゃないよね。さすがに。。。。はぁ。。。

 日本にも送らねば。メールってわけには、いかないよねえ。それで済む人は勘弁してもらおうかな。。。

 タイは今、5連休の初日。本当は5連休じゃないけど、飛び石の谷間に当たる月曜日はなぜかお休み扱いのところが多いです。ということで、明日から三度相方の実家へ。17日は結納です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンセン病の拡大?という疑問から考えた

 5月1日の夜から8日の夜までインドネシアに出張していました。7~8日がASEANサミットで、それの前にぶつける形で、3~5日に「ASEAN市民社会会議(ACSC/APF)」というNGO(って最近は言わないで、「市民社会」と言うようですね)側の会議がありました。そのときもいろいろあったのですが、顛末はまた別に。

 会場で、インドネシアで、ハンセン病に関する活動に取り組んでおられる方とお話を少しする機会がありました。

 彼女はジャカルタではなく、地方で啓発普及・ハンセン病の方の権利擁護に取り組んでおられます。今でも、子どものハンセン病患者さんがいらっしゃるとの話に、「新たに感染が広がっているのですか?」と質問をぶつけました。

 そうしたら「そうではなくて、ハンセン病に対するスティグマが強くて、なかなか言い出せない上に、保健所・地方政府が『待ち』の姿勢でいるから、これまで見えてこなかっただけです。草の根の人たちの活動があって、そうした人たちの存在が明らかになっているだけなのです」というお返事が帰ってきました。

 その後、地方分権下のインドネシアの保健行政、中央政府との役割分担、財源のあり方などについて、お話を伺いました。

 日本にいたとき、某県で「困難事例」への対処能力を高めよう、ということで開かれた、障害者福祉担当の自治体職員への研修で講師を務めたことがあります。このとき、参加者の皆さんに「困難」と感じる事例を持ち寄っていただいて、解題を試みたのですが、おもしろかったのは「何を困難と感じるか」が人それぞれだったところです。

 複合的に重なった問題(親の高齢化とか、家族関係とか、制度がうまく当てはまらない難病とか)とを持ってこられた方もいれば、単に障害が重度で財政的に負担が難しいというという話を持ってこられた方もいました。

 興味深いのは、都市部だから複合的な問題を持ってくるとか、町村部だから財政問題を言うとか、そういった単純な話ではなかったところです。むしろ、実際に家庭訪問をどれくらいしたかとか、地域の関係者をどれくらい知っているか、とかそういう「姿勢」に左右されていました。

 こう書くと、おそらく地方公務員をされている方からは、いろいろと注釈や反論もあるでしょう。私がここで書きたいのは、個々の職員の尻を叩こうという話ではなく(もちろん、そうした方がいい人もいますが)、人事システムや財政も含めて、今の福祉行政のあり方や期待と、行政の慣行をすりあわせるのが限界なのではないかということを感じているのです。

 だからといって、ユートピアができるまで待つこともできないわけで、限界の中で現場に何ができるか、そしてマクロでは限界そのものをどう壊して何を再構築するか、が課題なんだろうと思います。私は「財政がないからできない」は半分しか現状を説明していないと思っています。

 インドネシアで久しぶりにこんなことを思い出しました。インドネシアに限らず、今ASEANでは、制度的なセーフティーネットを構築しようと10年あまりにわたって議論と実践が続いています。そのなかで、地方行政の能力強化は大きな課題。中央の役割、地方の役割がどう重なると福祉行政は最大化されるのか、私の中の大きな課題でもあります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

在タイ日本大使館からのお知らせ


めずらしく、えらいワンポイントなご指摘です。
なんだろう? 誰か大使館員が引っかかったのではないかと邪推してしまいます。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

タイ在留邦人の皆様へ

          【大使館からのお知らせ】
                     緊急一斉メール

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
自称シンガポール人女性による詐欺事案発生に関する注意喚起
(2011年5月11日)

 昨今、邦人を狙った、自称シンガポール人女性による詐欺事案がバンコク都内で発生しています。今後も頻発する可能性もありますので、以下のとおり手口等をお知らせしますので、十分に注意して下さい。

1.事案発生時間帯及び場所は・・・
(1)時間帯~主に夜間
(2)場 所~スクムウィット地区界隈
        (主にBTSのプロンポン駅からトンロー駅までの間)  

2.手口は・・・
 (1)声掛け方法
   突然路上にて、自称シンガポール人女性(他のアジアの国籍を称する可能性もあり)に英語で声を掛けられ、『パスポートを含めお金を全て盗られた。親から海外送金し  て貰う予定である。貴方が持っているクレジットカード口座に振り込むので、カード番号を教えて欲しい。』と頼まれる。
 (2)お金の引き出し方法
   女性が、聞き出したカード番号をどこかに連絡をし、その後、ATMまで連れて行かれ、入金は既にされていると説明を受け、10万バーツ程の引き出しを頼まれる(実は  カードを使ってキャッシングをしているだけ)。
 (3)事案発覚状況
   後日、不審に思いカード会社に連絡し、女性が説明した入金事実が無いことを知り、騙されたことに気付く。
 (4)参考事項
   犯人は、主に単独で行っているようで、主に単独で歩いている邦人を狙って詐欺を働いている。今後、他の地区でも同様の被害が発生する可能性もある。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »