« タイで1年経ちました | トップページ | 今さらながら、 »

2011年4月 5日 (火)

日本人の美徳?

 ふと思うのですが。

 地震の時、世界中から日本人が秩序を守って行動していることが賞賛されました。これはこれで全く否定されるものではありません。世界を見ると、大災害の時の暴動・略奪を押さえるために軍隊が派遣されている現状があるわけです。それに引き替え、自衛隊も警察も、米軍もほとんどその心配なく、救援活動に専念できています。これは本当にすごいことです。

 でも、これって、何ヶ月も続かないでしょ? 日本人も人間だもの。

 と思うが、実際には「自粛」「不謹慎」「こんな時期に迷惑」などのプレッシャーが公に私にかかってくるのは想像に難くありません。これは右翼だの左翼だの問わずに今、蔓延しているように(少なくともタイから見ていて)思われます。

 別に、暴動しろ、と言っているわけではないのですよ。あたりまえ。

 経済が萎縮すると、復興に回るお金すら生まれない。それなのに、経済を語ることすら許されない空気。終戦直後の美しい人のつながり(?)を突然強調し始める都知事(彼には闇市もカストリ雑誌も密造酒も無縁だったんでしょうね)。復興のための経済成長よりも、義援金による直接手当の方がいいという、あまりにピュアな世論は、先進国の立場から途上国の社会開発に携わる人間として、いろいろと示唆させられるものもあります。

 ここでは、経済と自粛の話じゃなくて(この話はいろんな人がツイッターとかでやってますよね)、この空気を生む背景が気になります。

 これを書くと怒られるのかも知れませんが、確かに今回は大災害です。3万人近くの方が死亡・行方不明というのも、遠くにいると全く実感の湧かないでかい数字です。でも、毎年3万人以上の人が自殺してるんですよね。今回の大災害以上の人が毎年日本国内で命を絶っています。不謹慎かも知れないけど、今後、復興過程の陰でこの数はもっと増えるでしょう。

 「なぜ日本は自殺が多いのか」

 あちこちで聞かれます。いつも素人故か、うまく答えられません。長期にわたる不景気? 貧困なセーフティーネット? どうもぴったりと来る説明ができないでいました。でも、今回の日本のあまりにすばらしい秩序を見て、そして、それが人間である以上無限には続かないことに気づいたとき、

 「日本はこれを365日社会ぐるみで強いているのではないか」

と思い至りました。

 「美徳」も行き過ぎると「圧力」と化しているのではないか。そして、今後、復興過程で何一つ声を上げることもできず、なくなっていく方も多いのではないか。

 長い長い復興プロセス。やたら悲観したり、無理に自粛させたり、無理に笑わせることなく、「ぼちぼち」が大切なシーンも増えてくるのではないかと思います。

|

« タイで1年経ちました | トップページ | 今さらながら、 »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135533/51308476

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の美徳?:

« タイで1年経ちました | トップページ | 今さらながら、 »