« ヤマト沈没? | トップページ | 黄色と赤が交互交互 »

2011年2月14日 (月)

在タイ邦人は増えているが、、

 チト古いNewsClipによれば、

  • 2010年10月時点での在タイ邦人は47,251人で、2009年よりも3%増。2000年の21154人の倍以上。これは大使館に在留届を出している人の数なので、実際はもっと多いはず。
  • 2010年の対タイ直接投資申請額は全体で2360億バーツで、2009年を33%下回った。しかし、日本資本の申請は前年比35%増と、全体の44%を占めて好調。
  • 一方、タイを訪れた外国人の数は、2010年は前年比10%増の1580万人。日本はマレーシアに続いてずっと2位だったが、昨年ついに中国に抜かれて3位転落。各国増加している中で、日本は1.7%の減。

 つまり

  • 日本からの働く人は増えている
  • 日本から投資も活発だ
  • でも、日本人観光客は減った

ということでしょうか。赤シャツ騒動に限らないが、日本メディアの場当たり的な報道と過剰なまでの「自己責任バッシング」で、「海外行くのが怖い」イメージが植え付けられているように思えます。

|

« ヤマト沈没? | トップページ | 黄色と赤が交互交互 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135533/50867363

この記事へのトラックバック一覧です: 在タイ邦人は増えているが、、:

« ヤマト沈没? | トップページ | 黄色と赤が交互交互 »