« カンチャンとかをツモった感じがする | トップページ | 円高、、、 »

2010年9月22日 (水)

夜はエアコンなしのバスに

帰りが夜遅くなるとなぜか、
エアコンなしのバスに乗りたくなる。

8バーツをポケットに入れて職場を後にする。
BTSに乗らずにバスをしばし待つ。
長い時間が経ったようだが、
時計を見ると3分も過ぎちゃいない。
混んだバスを避け、
空いたバスを目指して路上へ駆け出す。

バスに乗ると、
全開になった窓から深夜の夜風が吹き込んでくる。
職場の冷房で縮みきった身体がゆるゆると溶けてゆく。

なぜだろう。
深夜の夜風に包まれると、
なぜか、ふいに優しい気持ちになれる。

タイに移ってちょうど半年、
日一日と自分のかたくなだった心が
少しずつ、でも、確実にほどけていくのを感じている。
テーブルの上の夕ご飯を職場で突っつき合うとき、
ふいに涙腺がゆるむのを感じる。

日本にいた最後の一年。
怖くて自分を見つめることの出来なかった自分がいた。

幸せであることとはなんだろうとか、
さみしいとはどんな感情なのだろうとか、
今、やっと素直に自分に向き合える自分がいる。

最初はとてもつらくて怖い作業。
そして、受け入れることにとてもためらいを感じる作業。
それでも少しずつ、少しずつ、
自分の心の奥底の声にあらがえなくなってきている。

さみしいの意味を正面から受け止めきったとき、
そして、それを誰かに一緒に受け止めてもらえたと感じたとき、
自分に何が起きるのだろう。
日本から遠い空の下、
ためらいと、希望と、そして少しのわくわく感とを持って
毎日を生きている。

|

« カンチャンとかをツモった感じがする | トップページ | 円高、、、 »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135533/49523348

この記事へのトラックバック一覧です: 夜はエアコンなしのバスに:

« カンチャンとかをツモった感じがする | トップページ | 円高、、、 »