« ドラえもん | トップページ | 終わりから始まりへ »

2010年5月19日 (水)

強制排除開始。

 詳しくはツイッターで、#thairedjのハッシュタグを探してください。朝から装甲車がバリケードの排除に走り出しました。それに対して激しい抵抗があるようです。

 さすがにテレビも朝からこれ一色です。大使館からも「タイ政府より、本日(19日)、軍が行動するので、封鎖地域や衝突地域周辺に住む人々は、屋内にとどまるようにとの緊急連絡がありました。これらの地域に居住されている方々は、屋内にとどまり、テレビ等により情報の入手につとめて下さい。なお、サラデーン方面に装甲車が出ていることが確認されています。」との緊急連絡。

 朝ご飯を買いに、ちょっと外へ。人は歩いているけど静か。弁当を買って、ペッブリー通りへ。本当に静か。

 途中の道はゴミだらけです。ゴミの回収が滞っています。黒いビニール袋を出してまとめているところはまだましですが、ちょっと裏路地を覗くとゴミが恐ろしい勢いで積み上がっています。

 ペッブリー通りを少し歩いてラチャテウィー交差点へ。本当に静かで、強制排除が始まっていたり、タイヤが燃やされていたり、というのは伝わってきません。本当は1キロもないところでいろいろと起きているらしいのですが。

 そこからパヤタイ通りをパヤタイBTS駅まで歩きました。一部の食堂を除いてすべてシャッターが降りていて、そのすき間からや、扉を開けて人々が心配そうに中心部の様子をうかがっていました。兵隊と小声で話をする人も。兵隊も、情報不足なのか、携帯テレビでニュースを観る姿も。座ったまま黙々と何かをする兵隊がいたので、見てみると、銃剣を研いでいました。

 どちらの通りも封鎖されているので、ラチャテウィー交差点あたりにモーターサイがたまっている他は軍用車両と救急車がじっと停まっているだけでした。こんなに静かなバンコクは初めてです。これでタイヤを燃やさなければ空気は本当にきれいでしょう。

 「これが最後の作戦」というふれこみもあるようですが、こういう押さえ込み方は、過激派を地下に潜らせるのではないかという気もします。政府に勝算があってやっていることとは思えません。

 これを書いていたら、上司から電話。「昨日とは状況が違うから、何が起きてもおかしくない。家にいろ」とのこと。わかりましたよ。。。

 電話が終わると管理人さんがノック。何か注意?でもタイ語できないし、と思っていたら、水道メーターのチェック。あぁ、もうそんな日か。

 管理人さんはゴミ捨て場のゴミを大きな黒袋にまとめなおしただけでなく、エレベーターホールに黒袋を付けたポリバケツをわざわざおいて、ゴミ捨て場が少しでも機能するようにあれやこれやと奮闘しています。感謝。

|

« ドラえもん | トップページ | 終わりから始まりへ »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135533/48399955

この記事へのトラックバック一覧です: 強制排除開始。:

« ドラえもん | トップページ | 終わりから始まりへ »