« ここに住んでいる | トップページ | ヤクルトおばさん »

2010年4月 2日 (金)

役所仕事・・・

 タイは、外国人が働くのが結構難しいところ。

 「就労ビザ」を大使館で取らないといけないのは、ほぼ万国共通。ところが就労ビザを取っただけでは働くことができない。働くためには、今度は、現地に着いた後、労働省の出先で「労働許可証」を取らないといけない。じゃぁ、「就労ビザ」って何だ?という話は置いておく。

 この二つを取ればいいんだね、ということに一応なっている。在東京タイ大使館のウェブを読むと、とにかくそこに行けば何とかなりそうな雰囲気が漂う。

 以下は自分の場合。他の人はどうかは知らないので、念のため。

1.非営利団体で働くので、という理由で、まず非移民ビザ(労働)=いわゆる就労ビザではなく、非移民ビザ(その他)=いわゆるボランティアビザが出された。大使館では、「これでも労働許可書とれますよ」と軽いお返事。
 ちなみに、今は、原則シングルエントリー・90日しか出してくれない。後は労働許可証をもらった後に延長とマルチプルエントリーへの切り替えが必要。

2.一応、現地で前もって労働許可書の手続きを進めてもらっていた。そうすると、現地では、勤務先に対して「○○を雇うことを認める」という書類までは出してくれた(全部タイ語)。これだけでも2週間ぐらい短縮になったらしい。
 ちなみに、写真はデジカメデータの引き延ばし、書面はサインしたものをPDFで送る。こんなのでも、とりあえず手続きは前に進んだ。

3.現地に着いてから、自分も手続きに行く。すると、、、「ボランティアビザでは、労働許可を出していいかどうか判断ができない。判断できる人は病休で休んでいる」。。。「はい???」。それでもタイ人の同僚が粘ってくれて、上司の決裁を取り付けた。でも、担当者がいないからということで、日付はずれこむ。

4.今日、労働許可証を受け取る。で、普通なら、入国管理局に出向いてビザの延長などを行うのだが、非営利団体の場合、それだけではだめで、社会開発・人間の安全保障省になにがしか書類を出してもらわないといけないらしい。

添付書類はすべてタイ語。受け入れ先も相当犠牲を払って、受け入れる。費用もいくばくかかかるし。こんなん、外国人働くな、といっているのとほぼ同じ。とにかく役所仕事がひどい。

それだけではなくて、タイ人○人に対して外国人一人、みたいな人数制限や、日本人の場合、月給5万バーツ相当で計算した税金を納めろとか、いろんなことを言ってくる。外務省もいろいろと要求はしているようだが、改善された感じはしない。

4月末にインドネシア出張を控えているので、早くマルチプルエントリーにしたいのだが、間に合うのか??

|

« ここに住んでいる | トップページ | ヤクルトおばさん »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135533/47971451

この記事へのトラックバック一覧です: 役所仕事・・・:

« ここに住んでいる | トップページ | ヤクルトおばさん »