« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月30日 (火)

ここに住んでいる

 いろいろとおもしろいことを書き留めてはいるけれど、もうちょっと寝かしてから書こう。

 バンコクに住み始めてから1週間経つ。さすがにだいぶなくなってきたけれど、最初の頃は街をさまよう度に、

「今度来たときにまた来よう」

とか

「帰る前にもう一度行っておこう」

とか、出張気分で無意識にものを考えている自分がいた。

 でも、住んでいるのはここ。ちょっとずつ、街の景色が自分になじんできた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

お引っ越し中

 今日は午後から横浜。最後の大仕事かしら。これが終われば後は引き継ぎの追い込み一色(になるはず)。

 朝のうち、荷造りしようと5時起きで励んでいたら、腰が痛い。思うように進まないが、どうしたものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

寒いはずだよ

 今、コンビニに行こうと思って出たらびっくりした。真っ白。道理で雨音がしないはずだ。つい先日の21度はなんだったんだろう。

 また桜開花の予想が変わるかな? 21日の予報は守って咲いてほしい。

 って、こんな程度の中身のネタなら、スルメさんならついったーかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

電気代忘れてました

忘れていた、というと正確ではないのだが、東京電力からすれば「まだお支払いいただいていない」ということには変わりがない。

なぜか電気代だけは振込用紙でコンビニ振込をしている。引っ越しのどたばたで忘れていたのか、経緯はよく覚えていない。

とにかく、1ヶ月すっ飛ばして振り込んでいたようで、すっ飛んだ月について「電気料金お支払いについてのお願い」が届いた。そこにはこうある。

「この期日の延伸に関して、お電話を頂戴することは本書面をもちましてお断り申し上げます」

→これまでに、「待ってぇな」という電話が多かったんでしょうね。「本書面をもって断る」ということは、この件を持ち出した瞬間に東京電力は電話を切ることが出来るということだろうか?

「送電をお断りしたことによりお客様のコンピュータ、ビデオ、留守番電話等の機器、熱帯魚、冷蔵庫内の物等に損害が生じましても当社は一切その責任を負いかねますのでご承知おきください」

→これも多そうな苦情。具体的だね。

しかし、こうした電話をかけて文句を言ってくるような人たちを相手に「期日の延伸」とか「送電をお断り」とか難しい表現を使っても伝わらないような気もする。電気を止めるとか言わないと理解できないような。その辺が丁寧に説明しているようでいて事務的にはねつけているということか。

最後に「送電をお断りした後もご希望により、100W程度の照明をご使用いただける装置を取付け」るとある。こんなサービスまでしているのか。昔からあったっけ? しかし、100Wを使って、無理矢理料理をして火を出したりしないのだろうか。それ以前に恥ずかしいから払うということなんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイ人と働く

ミクシーのコミュニティで、タイで働く人の悩みから議論が発展しているスレッドを読んだ。

日本から行く場合、駐在であれ、現地採用であれ、当然タイ人と一緒に働くのが普通だ。それもたいていの場合はタイ人を何人か管理する立場に立つ。文化的な違いや仕事に対する意識などなど、すれ違いが多いことはいろんな人からも聞いてきた。

スレッドを読んでいて、その人の場合は、会社に問題があるのではないか?と直感で感じた。果たして、最初の方こそ彼に同感する書き込みが続いて、タイ人労働者への愚痴大会となったが、そのうち管理の仕方、つきあい方、会社としての姿勢などへの指摘や提案が続き、風向きが変わった。

さて、製造業ではないが、自分も4月からタイ人と働く身。向こうは私を同僚として迎えるのか、それとも管理者として迎えるのか。それとも、ただのゲストのように扱うのか。相手の出方もそうだが、自分の心の持ち方にもかなりかかってくる。意識的に肩書きをほんの一部を除いて付けない職場を作ってきた立場からすると、行く前から「プロジェクト・コーディネーター」なる肩書きが確定しているのにはとまどいがある。コーディネーターという管理者なんだかよく分からない肩書きを前に、どういうスタンスで行けばいいのか少し悩む。

スレッドの中で、タイ人は日本人駐在や上司をよく見ているという指摘があった。彼らは自分をどう見てくれるのだろう。何度も会っている人もいるのに、一緒に働くという異体験を前に本当にどきどきしてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

はちのす

玄関を開けて2メートルほど横を見やると、季節外れの蜂の巣が落ちていた。

Hachinosu

おそらく主はいないと思われるが、うかつに近寄れない。通り道じゃないからいいけど。

こちらは東京の蜂の巣。

Tokyohachinosu

どっちも働き蜂がうようよだ。

久しぶりにyoutubeでチャットモンチーを探す。

この曲大好き。聴くと、東京に引っ越してきたときの自分の心境を思い出す。ガキのくせに、なぜかものすごく気負っていた自分がいた。さて、バンコクは甘い甘い夢を見させてくれるかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »