« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月26日 (月)

別に介護職でもいいじゃないかと思うのだが

 ウェブ上のいろんな人の日記を見ていると、のりピーの今日の法廷での発言は概ね評判が悪い。翻ってうちの職場では、「あ、だったらうち来ないかな」とかお気楽な発言が2,3続いていたが。

 たしかに裁判戦術としてみれば、「ありきたりで、なんだかなぁ」という気もせんではない。でも、本当に介護職として働けるようになるのであれば、それはそれでよいはず。どのみち何もせずに生きていくわけにはいかないんだし。

 反発する人の意見はざっと見たところ

  • 介護(職)を舐めるな
  • 「弱者」をダシにするな

という2つに概ね集約されるように思われる。のりピーがどうこう、ということでみんな書いているのだけれど、結局のところ「介護」「高齢者・障害者」を普段どう捉えているかが反映されているようでおもしろい。

 前者については、(匿名性の強いネットでは本当のところはよく分からないが)介護に携わっている人からの声が多いように感じる。しかし、元芸能人には介護職はできないという理由としては説得力に乏しい。確かに、きついし、給与も低いし、離職率も高い。「人への優しさ」のイメージが全く通用しない、現場の苦しみが多々あるのも事実である。「薬物依存をまずどうにかしろ」というのも一理ある。

 しかし、介護職は「聖職」じゃない。自分の職業にプライドを持つのは結構なことだが、「お前なんかには無理」という態度がむき出しになるのを見ると、閉鎖的な業界だなぁと思う。そもそも介護自体が「簡単にできる」と思われ、介護職が看護師などの医療関係職よりも低く見られてきていたことから、業界全体としても自己防衛的な空気が強くなりやすいのかもしれない。とはいえ、書き込みを見ていると、チト悲しくなる。そんなに叩きまくらんといかんかね。自分の専門性へプライドがあるのなら、もっと違う表現の仕方もあろうと思うが。

 あと、「こころざし」のことを問題にする日記もあった。でも、利用者さんからすれば、介護業界に入ってきた理由や動機、こころざしよりも、今、きちんとしてくれているかどうかの方がはるかに大切なのでは? 働いている途中の気づきよりも、最初のこころざしとかの「尊さ」が、その人の専門性の評価といつまでも密接にリンクし続けるのもこの業界の特徴かも知れない。みんながみんなそうではないけれど。 

 後者については、残念ながら当の障害者、高齢者からと思われる書き込みはあまり発見できなかった(ひょっとしたら結構あるのかも知れないが)。だから、おそらく一般人から見たのりピーの法廷戦術への嫌悪感が示された結果かなと思う。

 しかし、少し気になるのは、福祉という業界そのものがそもそも高齢者や障害者がいないと成立しない業界である点である。誤解を恐れず言えば、高齢者・障害者を「弱者」と一方的に規定して、「専門的なケア」を一方的に唱道することで、この業界は伸びてきたと言える(利用者主体が叫ばれるのは決して古い話ではない)。ではなぜ、専門家が高齢者・障害者を囲い込むと「よいこと」で、のりピーが介護したいと発言すれば「あざとい」のか。のりピーの発言が軽率かどうかは別にして(時が経てば発言の結果は判断できる)、少し考えてみる価値はあるように思う。

 まぁ、いずれにせよ起訴事実は全く争っていないわけだし、まずはきちんと罪を償ってくださいませ。話はそれから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

気もそぞろ

この3日ほどだろうか。気もそぞろである。

気もそぞろ。手元にある広辞苑で「気」から引いても出てこない。逆引きをすると出てきた。

「漫ろ」と書くらしい。何となく心のすすむさま。わけもないこと。不本意に事を行うさま。いい加減なこと。無関係なさま・・・ あれ?何か違う??

ようやく最後、7番目に「気持ちが落ち着かないこと。そわそわすること」が出てきた。ちゃんと「気も―に発表を待つ」と例も書いてある。

未来への不安と期待がない交ぜになっている自分の内側と、物理的な段取りや後始末という自分の外側のやっかいごととが押し寄せているといったあたりか。北海道弁の「おだっている」に近いのだろうか? まだなーんも決まってないのに。

こんなことでふわふわしてないで、目の前の仕事をしなくては。手元にあるものから早く片付けて寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

ツ■デ■自治法施行規則

普通に地方自治法の施行規則の別表を探していたのです。
インターネットで取れないかなと思って。
自分は真面目な用事を足しているはずだったのです。

だっ、だから(ry

http://www.lawdata.org/law/htmldata/S22/S22F00201000029.html

↑にアクセスして、右上のリンクを適当にいじってみてくださいな。

こういうことってどうやって思いつくんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工藤静香、5万円!?

うちの近所のリサイクルショップでの一コマ。

Kudoushizuka02

工藤静香が描いた絵だそうです。ホントかなぁ?

Kudoushizuka01

ちょっとあわててシャッターを切ったので、画質も悪けりゃ構図も悪いのですが、工藤静香の札の横に50000円とある。別にファンじゃないから欲しくはないが、リサイクルショップにポンと置いてあるもんなんだねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富も名誉も要らんが

生活費はほしいなぁ。もうちょっとぐらい。

この辺が子どもの頃夢見ていたことと違うところか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これじゃだめ

細かいことは申し上げませんが。

 結局各省庁横並びで削り方を競うのであればこれまでと変わらんではないか。省庁の垣根を越えた予算シフトが必要。大胆に「○○省は増えるが○○省は減る」ぐらい言ってもよかったかも。

 「マニフェスト分を除き」とあるので、最終的にどうなるか。ただ、マニフェスト分とそうでない分、というのは案外見分けが付かなくなって結局全体的にふくれあがった概算要求になりそう。財務省は必要・不必要よりもマニフェストに書いてある・なしでネチネチと算定するのでしょうなぁ。

以下、日経ネット

財務相、概算要求09年度当初比で減額を 閣僚懇で要請
 藤井裕久財務相は13日午前の閣議後の閣僚懇談会で、2010年度予算の概算要求にあたって、09年度当初予算に比べ減額要求をするよう改めて閣僚に要請した。15日に締め切りとなる概算要求を巡っては、政府が9月29日に閣議決定した予算編成方針で、減額要求を定めていたが、厚生労働省などで増額要求が避けられないとの声が出始めている。財務相の発言はこうした動きをけん制した格好だ。

 財務相は(1)マニフェスト(政権公約)の実現に必要な分を除き、各省庁は09年度当初予算を下回る形で予算を要求する(2)マニフェスト以外の新規・拡充の予算要求は既存予算の削減で財源を確保する――などを各閣僚に徹底するよう求めた。

 概算要求の結果のとりまとめに当たっては、省庁ごとに既存予算の削減額を公表することも表明した。閣僚の予算削減努力の度合いを明示することで、既存予算の圧縮を進める狙いだ。(13日 19:35)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

やる気が出ない

3連休、2日目が終わろうとしているのに、予定していたことの半分も終わっていない。

一方で、やる気が出ない「言い訳」さがしには余念がない。

何というか。怒る気力も湧かない。レッズをどこかの大学チームだと思って見ればいい。「ビッグクラブ」などという幻想を抱くから腹が立つのである。日本のプロなんてこんなもんだと思っておくしかない。

翻って、何のわだかまりもなく、きれいなゴールだなと相手をほめたくなる。あと、スタジアムもきれい。地域リーグのホームとは思えない。来年、JFLに上がってくるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

昨日から今日

<胃痛>

昨日、家に帰ったのが22時過ぎ。突然胃痛。ちょっとこれまでにない痛みが。

最初、胃痛ではなくて心臓??とかいろんなことを考えてしまった。

こんな時、独り暮らしはしんどい。あまり早く救急車を呼んで何でもなかったらいやだし、かといって、手遅れになると呼ぶことができるかどうか自信もないし。なにより、家電がないから、携帯で呼ぶしかないのが痛い。途中で言葉が出なくなっても場所が逆探知されないから、間に合わないかも。月曜日まで我慢しようにも日曜日を超えられるだろうか。

などなど、あれこれ考えていたら、何とか痛みは遠のく。完全に遠のいてしまうまで怖いから横にならずしばし待つ。

……さて、本日。

<くじら>

とりあえず調子はいい。朝ご飯は柔らかいものにしようと、余った味噌汁でおじやを作って食べる。

買い物に行かずに家で仕事。お昼はゆっくりと冷蔵庫にあるもので適当に炒め物を作る。くじらの皮の塩漬けを買ってあったので(くじらの中でも安い)、水で戻し、ボイルする。それでも脂と塩気はたっぷりで炒め物にばっちり。何も調味料を加えなかったら薄い塩味の炒め物完成。ゆっくりと食べる。

ちょっと散歩。外に出ると臭い。何のにおいかと思えば、自らの服に染み付いたくじら臭。

<お月見>

夜、PCを抱えて再び散歩。十六夜の月が美しい。少し雲がかかり、月明かりが反射するさまは特に素晴らしい。

月餅を持って公園をさまよったが、少し胃が痛い。止めておく。

ご近所さんに月餅をあげようかと電話をしたが留守電。

<マック>

それでマックに行っていては世話ない。ネットがつながるのがマックだから仕方ない。胃は痛いがポテトをつまみつつ仕事を続ける。絶対に胃に悪い。月餅の方がはるかに胃に優しい。

しかし、家でやるよりも奇跡的にはかどる。なぜもっと早く行かなかったのだろう。手遅れなぐらい仕事が遅れている。明日朝から籠もるかな。

<太田胃散>

駅前で閉店間際の薬局に飛び込み、10月末まで2割引と書いてある棚から太田胃散を買う。効くかどうか分からないが、H2ブロッカーよりもこっちの方が最終的に体に良さそうな気がする。

家で早速飲む。禁忌に人工透析が掲げられている。なぜだろう?

<谷山浩子>

ユーチューブに気になったちょっと古い曲の再生リストを作っている。ランダム再生すると谷山浩子がかかる。夜中に谷山浩子の曲にぶつかるのは2度目だが、夜の独りぼっちの部屋で「おやすみ」とか「ひとりでお帰り」とかをイヤホンで聴いていると何とも言えん。嫌いではないので外さないが、どうもタイミングがよろしくない。

<現実逃避の終了>

そろそろ眠って、明日からに備えますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »