« 映画「誠実なおつき合いができる方のみ」 | トップページ | 川嶋あいの言葉を読めば »

2009年7月 2日 (木)

これ、冗談じゃなかったんだ

ちょっとニュースを真剣に見ていなかったので、ずっと、みんな冗談の類をしゃべっているんだと思っていた。こんなの、本当に検討していていいのだろうか?

なぜ、地方分権を主張するのに閣僚とか国会議員とかになる必要があるのだろうか? 地方自治は住民を向いて行うべき。自らの主張は、住民や自治体官僚を通して具現化するべき。

地方分権は、東京で「先生」にならないとできないというものではない。まだ1期も終わっていないのだから、地方自治を十分に分かったとも言えない。県民の「人気」に乗っかるのではなくではなくて、県民の「苦しみ」と共に歩む時間をもっと持つことが、長い目で見て彼にとっても財産になると思うのだが。

とはいえ、政治の世界はなんだかんだで、わからないことだらけ。そして、選挙が近い。

日テレNEWS24

2閣僚の補充発表 東国原氏の入閣は見送り<7/1 20:49>

 河村官房長官は1日夕方、記者会見し、2日付で国家公安委員長に林幹雄元国家公安委員長を、経済財政相に林芳正前防衛相を充てることを発表した。
 国家公安委員長は佐藤総務相が、経済財政相は与謝野財務・金融相が兼務していた。

 入閣が取りざたされていた宮崎・東国原知事の入閣は見送られることになった。

|

« 映画「誠実なおつき合いができる方のみ」 | トップページ | 川嶋あいの言葉を読めば »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135533/45512125

この記事へのトラックバック一覧です: これ、冗談じゃなかったんだ:

« 映画「誠実なおつき合いができる方のみ」 | トップページ | 川嶋あいの言葉を読めば »