« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月20日 (水)

火災警報機

突然「火事です」の叫び声が。

情けないことにその瞬間、頭真っ白。あわててガス警報器の挿してあるコンセントを引っこ抜こうと冷蔵庫の陰にかがみ込み、手を伸ばす。

手が届かず焦りが募る中、突如叫び声は止んだ。

よく考えてみると、叫び声は上から。まだ、火災警報機に慣れていないんだなぁ。

結局原因はポットのお湯。沸騰したときに出た湯気に反応したみたい。あわててポットの位置を変えた。

しかし、20秒ぐらい泣き叫んでいたように思うが、近所は誰ひとり反応なし。本当に役に立つ日は来るのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 5日 (火)

鎌男

カーテンを開けて、外の光を入れながらPCをいじっていたら、トントンと音が。

風の音かと思って放っておいたら、今度はもっと大きな音でドンドン。

横を向くと、作業服を着た初老の男性。右手には鎌が。

あわてて椅子から転げ落ちそうになった。

相手は開けてほしそうなそぶり。

こういうとき、どうします?

左手には雑草の入ったビニール袋。

何となく危なくなさそうな予感がして、窓を開ける。

相手はにこやかにようやく自己紹介。実は大家さんだった。

大家さんは横浜に住んでいるので、たまにこうしてメンテには来ているそうだが

普段は全部、不動産屋に任せているらしい。これが初対面。

まったく。窓を開けるの相当ためらったんだから。

鉈女ならぬ、鎌男のお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

甲府日帰り

昨日、甲府に日帰りした。免許なし&お酒ありにつき、電車で。行きは各駅停車、帰りは特急を使った。

しかし、このシーズンなのに、この天気なのに、山登りっぽい人が少ない。昔よりも確実に少なくなっている。そして年を取っている。若い者が車で行けるところだけで休日を終わらせてしまっていいんだろうか??

という自分も、駅からは友だちの車に乗せてもらい、うろちょろうろちょろ。

最初は要害温泉。ここに行くのは2度目。有名観光地化されていない分、ほっと息をつける。露天風呂につかりつつ甲府の町並みを見下ろす。盆地気候だから、下は暑いが、ここぐらい登ってくると涼しい。

次に隣町の農協がやっている野菜売り場。急坂を下りると、気圧の変化のせいか、耳が痛い。そして暑い。友人宅の1週間分の野菜を買い込む。クルミの入った大福も買い、車内で山分け。おなかにたまる。

彼が言うには、いい野菜を選ぶと自然にいつも同じ生産者になるらしい。腕前って重要なんだなぁ。

さて、スーパーで地ビールなどを仕入れた後、友人宅に着く。まずはビール。そのあとワイン、そしてビール。。。。買ってきたキュウリやらクレソンやらは手際よくシーフードサラダにかわっていく。ウドも酢味噌で和えられる。とにかく野菜を食べまくる。うまい。

Ikeda_winary_2  イケダワイナリーさんの白ワインです

ワイン自体もおいしかったのだが、地元産のクレソンがたっぷりのサラダと合わせたときに、味がふくらむのがよくわかった。ワインについてのうんちくなぞ何一つない自分だが、「マリアージュ」とはこういうものなのだということを体感できた。

Touchdown タッチダウン

惜しむらくは少しワインで出来上がってしまってから飲んだところだろうか。スーパーにはピルスナーとドゥンケルの2種類があり、後者を選んできた。とても有名な地ビールらしい。八ヶ岳においしい地ビールがあるのは何となく聞いていたが、これだったのね。名前までは知らなかった。

そして、野菜売り場から自分も一品、蕗をチョイス。これは家に持って帰った。

Fuki今朝はこんなお姿になりました

昨日は酔っぱらって帰ったのでそのままにしてしまったが、今日は朝から基本通りアクを抜いてこんな状態。これから戻した椎茸や高野豆腐と一緒になってもらいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

タンポポ

先週、引っ越してから1週間経った日曜日に海のそばにある大型の量販店まで歩いていったときの一コマ。

Tampopo タンポポの綿毛です

海近くの強い風にあおられるように、ふわり、ふわりと舞う綿毛。

そういえば、7年前に札幌に半年赴任したときも、強い風に舞う綿毛の中を歩いて通勤したっけ。あの時は、風に吹かれながら歩く自分の頭の中を中島みゆきの「地上の星」が流れていた。それだけ、てんっぱっていた日々だったのだろう。

この間はなぜか、岡村孝子の「はぐれそうな天使」の一節が頭をよぎる。そしてなぜか離れない。

潮風に体ごとさらしたら
少しは楽になると思いたった私が不思議

この歌詞の前後のような状況とは到底異なるのだけれど、自分も風に吹かれて少しは楽になれただろうか。不思議なぐらい、緩い気持ちで日々を過ごせている。

この日の万歩計は11000歩を少し超えた。

※余談だが、こういうのも著作権法に触れるんだよね? 厳密にはどう処理すればいいんだろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »