« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月25日 (日)

感動と後悔と(小江戸?ビールほか)

川越は昔から「小江戸」と呼ばれていたようだが、そこのビール「COEDO Kyara」。

Coedo

作っているのは川越に本社がある株式会社協同商事 コエドブルワリーさん。ウェブサイトはいきなり英語。日本語サイトは、真ん中のロゴのあたりをクリックすればショックウェーブが立ち上がる。ロゴは「毬花」をデザインしたものだそうです。ホップですね。

なにせ、あの「モンドセレクション」(よく知らないが)を受賞した作品とか。だから海外を意識したウェブサイトなのだろうか? 

いくつか種類があるようですが、これはグラスにつぐときれいな伽羅色をしているというふれこみです(うっかり缶ごと飲んでしまった)。伽羅色ってなんだろう?

お味はとても芳醇なホップの香り。安い海苔巻きと一緒に食べてしまったのが残念。一緒に食べるものを考えないといけない、高級感あるビールでした。

続けて飲んだのが、こちら。

Suntory_diet

どうせ酔っぱらった後の2杯目だから、なんでもいいと思って買ってしまった一本。

COEDOさんに申し訳ない…。後味だいなし。別にダイエットクリアテイストがダメと言っているのではないのですよ。普通の発泡酒の味はちゃんとしています。していますが…。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年1月21日 (水)

写メでレポートづくり

携帯電話のカメラを顕微鏡に押し当てて写真を撮り、それをワードに貼り付けるという話。確かに、「きれいに」「正確に」「早く」レポートが完成するんでしょうね。

でも、理系のことはよくわからないけれど、スケッチはした方がいいんじゃないかな? きれい、汚いとか、正確、不正確の問題ではなく、学生のうちは対象の事物を頭に刻み込む作業も大切なような気がします。スケッチをする過程で、自分の頭の中で対象物を抽象化・概念化することもできるし。「過程」が学生の場合特に大事だと思います。

自分も、お勉強で経済モデルをグラフに書くときは(レポートとかではワードできれいに書きますが)、ノートに手書きします。その方が、ソフトの操作に気を取られることなく、グラフに集中できて理解が深まったりします。

-----------------------以下引用

これって常識? 細菌の“写メ”でリポート作成

2009年1月21日(水)16時11分配信 ITmediaニュース

 携帯電話のカメラのレンズを顕微鏡ののぞき口にあて、細菌を撮影する――ある大学の農学部で学ぶ学生に聞いた講義中の風景だ。撮影した写真は、Wordで作成した観察記録に張り付け、リポートとして教授に提出するのだという。

 講義中に携帯カメラで写真を撮ったり、リポートに使ったら教授が怒るのではと記者は心配になった。だが学生によると、携帯カメラの写真を使ってリポートを作成するよう教授が指導するケースもあるそうだ。顕微鏡で観察したものをスケッチで残すより、携帯カメラで撮影した方が手軽で時間も短縮できるためだ。

 学生がソフトバンクモバイルの「913SH」で撮影したという歯垢の細菌の写真を見せてもらった。細菌の形が確認でき色も鮮明で、スケッチを使うよりも正確なリポートが作成できそうだ。ほかにも大腸菌のリポートに携帯カメラ写真を使ったことがあるという。

 今後は大学のリポートに、携帯カメラを活用するのが常識になるかも!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

ソファーに座るモルモット

…と言っても、自発的に座ったのではなくて、カミさんが座らせたんですがね。でもいつも喜んでじっとしている。

Nonta_kun

こうやってみると、昔(3年前)↓↓より大きくなった。カメラ目線もちゃんと送るし。

Nonta3 こっちは昔(3年前)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

アンドリュー・ワイエス死去

先日、渋谷まで絵を見に行ったばっかりでした。

大変残念です。91歳ですから、大往生といえば大往生ですが、文化村で流れていたビデオを見ていると、創作への意欲は最晩年まで衰えることなくたぎっておられました。

ご冥福をお祈りいたします。

(以下、引用)

米画家アンドリュー・ワイエスさん死去 91歳 
2009年1月17日1時11分(朝日新聞)
 田舎の風景や孤独な人物を主題にした写実的な画風で知られる米国の画家アンドリュー・ワイエスさんが16日、米ペンシルベニア州フィラデルフィア郊外の自宅で死去した。91歳だった。AP通信が報じた。 (略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

鳥インフルエンザ北京で死者

 無意味なパニックに陥ったり(ヒト→ヒトの感染が確認されたわけではない)、ヒステリックに特定の国を叩いたりする必要は全くないが、北京のような大都市でこういうことが起きると、少しずつ危険が高まっているのかしらと思えてくる。

 大使館のインタビューが出ているが、日本の外務省のウェブサイト(海外安全ホームページ)にはまだこの件は発表されていない。

以下、引用

【中国】鳥インフルか、女性1人死亡 北京発 16:10
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2009.01.06(火)
NNA BUSINESS MAIL
http://www.nna.jp/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
鳥インフルエンザにかかったとみられる中国人女性1人が、北京市内の病院で5
日午前7時20分に死亡したことが明らかになった。

北京市衛生局によると、女性は福建省出身。昨年12月19日に河北省の市場で購
入したアヒル9羽の内臓を洗浄した際に感染した疑い。その後116人が女性と触
れるなど至近距離で接していたという。女性と接した看護師は発熱があったもの
の、その後回復した。

北京の日本国大使館は6日、「(中央政府の)衛生部から事実確認を得た。2~
3人目の死亡者が出れば、日本人の避難などの措置をとる」としている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »