« G8自治体交流イベント不発 | トップページ | ジンバブエドル札の価値は »

2008年7月17日 (木)

高級米といってもそんなには売れまい

日本から中国に輸出した高級米が売れ残っているとのこと。確かに富裕層は増えているし、彼らの需要は期待できるだろうが、いかんせん、中国産の何十倍という価格差があるのでは売れないのではないか。

だいたい、金持ちになると副食が豊かになるから、主食でカロリーを取らなくなるはずだし、パン食も増える。それにマグロや牛肉のように、「見た目」で豊かさ・社会的ステータスが分かるものなら富裕層も飛びつくだろうが、主食の質はどれくらい上げようとするだろうか?

もう一つ、アジアを見ていて思うのは炊飯器の質の低さ。あれでは高級米も泣くというもの。中国の富裕層も日本米を買ってみたものの、おいしさを実感できていないかもしれない。

(以下、引用)

日本米が大量の売れ残り

2008年7月17日(木)8時22分配信 共同通信

 【上海17日共同】日中両国政府の合意に基づき日本が中国に輸出したコメのうち、追加輸出分の約3割が売れ残っていることが17日、明らかになった。輸出された日本のブランド米の価格が中国産の数十倍もするため、消費者が敬遠したとみられる。富裕層を中心に日本米の需要をつくり出し、年間コメ消費量1億3000万トンとされる巨大市場への進出を目指した日本の輸出戦略は早くも見直しを迫られそうだ。

|

« G8自治体交流イベント不発 | トップページ | ジンバブエドル札の価値は »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135533/41883281

この記事へのトラックバック一覧です: 高級米といってもそんなには売れまい:

« G8自治体交流イベント不発 | トップページ | ジンバブエドル札の価値は »