« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月24日 (木)

いい加減にしてほしい事件分析

 たとえば、殺人を犯した未成年の部屋から、読売新聞が押収されたとする。その中に、未成年が殺人を犯したという記事があったとしよう。そうしたら、「読売新聞にあった殺人を見てヒントにしたのではないか」とか「読売新聞の記事が未成年に刺激を与えた」という議論は成立するだろうか。

 議論としては成立する。記事に影響を受けて同種の犯罪を模倣する人が続々と出てくるなんていう例はいくらだってある。模倣をするには、血や叫び声の混じったアニメは必要ない。要は、そんな議論に意味があるのかということだ。

 また、「ひぐらし」がやり玉に挙がった。今回は読売新聞が先走っているようだ。大マスコミの分析とも言えない、何にも考えない分析(もどき?)にがっかりさせられる。

 事件は起こす人は起こすし、起こさない人は起こさない。当たり前だが、「猟奇モノ」を読んだ人すべてが事件を起こすわけではない。逆に、事件が一般のメディアに取り上げられただけでも、模倣犯は発生する。猟奇モノに刺激された人は「異常者」で、模倣犯はそうでない、という線引きには意味があるのだろうか。どちらも殺人には変わりない。

 分析すべきは犯罪を犯した人の動機そのもの、心の闇だ。なんだって、引き金にしようと思えば引き金になる。記事や漫画がなくても、たまたま金属バットが目の前に落ちていれば、それが引き金になることだってある。引き金をいくら分析しても、事件の核心に近づくことはできない。

 PS2版「ひぐらしのなく頃に 祭」は14万本以上出ている。それ以外にPCゲーム、アニメ、漫画、映画などの形でこのサスペンスは流布している。それを見て、いったい何人が殺人を犯したというのだろうか。人数だけでいうなら、読売新聞の購読者で殺人を犯した人数の方が多いに決まっている。それは、読売新聞のせいではなく、単に読売新聞の購読者が圧倒的に多いからだが。

 「○○を見たから」などという言説は、所詮その程度のものでしかないのに。

-----------以下、引用-----------

猟奇殺人の漫画が犯行に影響か…埼玉・川口の父親刺殺事件
 埼玉県川口市で男性会社員(46)が刺殺された事件で、殺人容疑で送検された中学3年の長女(15)について、知人らが「少女が凶器を使って殺人を犯す場面が含まれた漫画を読んでいた」と話していることがわかった。

 捜査関係者によると、長女の知人や学校関係者らは、「(長女が)友達から勧められ、最近、読み始めた」と証言しているという。

 長女が読んでいたとみられるのは、「ひぐらしのなく頃(ころ)に」。人気ゲームをもとにコミック連載され、テレビアニメや小説になっている。今年5月に映画化された。少女が突然ひょう変し、斧(おの)などで人を殴り殺害するなど猟奇的な殺人の場面がある。埼玉県警は、長女が漫画の影響を受けていたかなど、事件を解明するカギとなるとみて詳しく調べる方針。

 JR岡山駅ホームから今年3月、岡山県職員を線路に突き落として死亡させたとして逮捕された少年(当時18歳)の自宅から、この漫画が押収されている。2007年に京都府警巡査部長が二女(当時16歳)に斧で殺害された事件後、視聴者らから「事件を連想させる場面がある」との指摘があり、放送を休止するテレビ局が相次いだ。

 (以下略)

(2008年7月23日03時09分  読売新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

ジンバブエドル札の価値は

 年220万%のインフレというのは想像が全くできない。給料日に給料をもらっても、それまでの間のインフレで、給料が無価値になってしまっているっていうことかな?

5月にジンバブエの友人が来日した折に、「おみやげ」としてジンバブエドル札をもらった。

Zimbabwe_notes1

上から、2500万ジンバブエドル、1000万、75万。ちなみに、5月下旬時点で彼が言うには、2500万ジンバブエドルは約10円だった。下の記事を読むと、500億ジンバブエドルが200円ということだから、2500万ジンバブエドルはたった1ヶ月ちょっとで0.1円に??

Zimbabwe_notes2

参考までに、50万ジンバブエドル札と20万札。おもちゃほどの価値もない。

これらのお札、よーく見ると、

on or before 30th June 2008

と書いてある。つまり、もう使えないっていうこと。「期限付きのお札」って、パスポートじゃあるまいし、どうなっているのやら。通貨の安定は放棄したということでしょう。

友だちも何人か住んでいる。早く政治・経済ともにきちんと落ち着いてほしいものだ。

ところで、下の記事って、「AFP通信などが」とあるということは、自分の足で稼いだものではないのよね。外信を訳しただけかと思われる。

--------記事引用-------------

ジンバブエ経済は崩壊状態、インフレ率2200000%

2008年7月17日(木)20時31分配信 読売新聞

 【ヨハネスブルク=角谷志保美】ジンバブエの中央銀行総裁は16日、同国の年間インフレ率が220万%に達したと明らかにした。

 AFP通信などが伝えた。

 同国では6月末、ムガベ大統領が野党を弾圧して5選を既成事実化したばかり。経済は崩壊状態で、世界最悪のインフレ率を更新し続けている。

 ジンバブエでは現在、1日に2、3回、食糧価格などが値上がりしており、実際のインフレ率は公式発表よりも高いと見られる。今年1月に発行された1000万ジンバブエ・ドル札は既に紙くず同然。その後に発行された最高紙幣500億ジンバブエ・ドルも、闇レートでは7月上旬で約200円の価値となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月17日 (木)

高級米といってもそんなには売れまい

日本から中国に輸出した高級米が売れ残っているとのこと。確かに富裕層は増えているし、彼らの需要は期待できるだろうが、いかんせん、中国産の何十倍という価格差があるのでは売れないのではないか。

だいたい、金持ちになると副食が豊かになるから、主食でカロリーを取らなくなるはずだし、パン食も増える。それにマグロや牛肉のように、「見た目」で豊かさ・社会的ステータスが分かるものなら富裕層も飛びつくだろうが、主食の質はどれくらい上げようとするだろうか?

もう一つ、アジアを見ていて思うのは炊飯器の質の低さ。あれでは高級米も泣くというもの。中国の富裕層も日本米を買ってみたものの、おいしさを実感できていないかもしれない。

(以下、引用)

日本米が大量の売れ残り

2008年7月17日(木)8時22分配信 共同通信

 【上海17日共同】日中両国政府の合意に基づき日本が中国に輸出したコメのうち、追加輸出分の約3割が売れ残っていることが17日、明らかになった。輸出された日本のブランド米の価格が中国産の数十倍もするため、消費者が敬遠したとみられる。富裕層を中心に日本米の需要をつくり出し、年間コメ消費量1億3000万トンとされる巨大市場への進出を目指した日本の輸出戦略は早くも見直しを迫られそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

G8自治体交流イベント不発

 9.11以降、めっきり減ったとのこと。まぁ、もともと、地域交流のために日本に来るわけじゃないし。個人的にはG8(というかその警備)には困ったものだと思っているからどうでもいいし。

 サミットに限らず地方で国際イベントをすると、周辺の市町村がこうやって、「この機を利用して」イベントをやたらと考えたがる。確かに盛り上がるのかもしれないが、どうも「あそこがやっているならうちも」という役所の横並び意識、対抗意識が見え隠れする。自分のところの特徴とも言えない特徴を無理矢理どこかの国にこじつけて、招致活動に励む。

 当然、直接相手国政府とやりとりなんてできる能力のあるところは少ないだろうから、駐日大使館やら外務省やらサミット事務局やらなんやらの手を煩わせることになるんだろう。そもそも何のために呼ぶのか分からん。「首脳と交流」というが、首脳と誰が交流するのだろう? 市長? どんな効果があるか分からないイベントに付き合わされる外国人もえらい迷惑。

 むしろ、小学校・中学校とかでもっと今回のサミットに参加する国々の子どもとかを招聘して交流したりした方が実がありそうな気がする。社会科の授業とか給食のメニューとかも充実するし。新聞記事やネット情報など、教材も無限にある。招聘費用もかかるが、首脳を呼ぶための招致活動費や警備予算、無駄な飾り付け、歓迎会経費等々を考えれば楽々ペイするのでは?

 せっかく近くまで来たのだから、寄っていってよ、という気持ちは分かるのだがねぇ。

------------------------ 

洞爺湖サミット 「首脳と交流」不発…自治体がっかり
7月7日13時2分配信 毎日新聞

 北海道洞爺湖サミットが7日に開幕し、各国首脳と自治体の交流プログラムもスタートする。ところが、道内20市町村が各国に交流案を提示したものの、これまで実現が判明したのはカナダ首相夫妻の伊達市訪問だけ。歓迎ムードにわく伊達とは対照的に、他の自治体は落胆を隠せない。テロ警戒が優先される近年のサミットでは首脳との交流は難しくなっており、駐日大使らが「代打訪問」するケースが主流になりつつある。(以下略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »