« じゃじゃ | トップページ | 今日のお昼ご飯 »

2008年6月24日 (火)

先生の絵に再会したい

自分の小学校3年の時の担任、堀江優先生は、絵描きでもあった。

ちょうど担任をしてもらった年に、安井曾太郎賞を受賞された。えらい賞らしい、とは幼心にも分かったが、その実力をきちんと知るのは後のことである。

毎年、上野の東京都美術館でやっていた「水彩連盟展」に出展されている。大学を出て、気づいたので見にいったところ、先生の絵に再会することができた。近年、六本木の新しいところに水彩連盟展が移ってからは一度も行っていない。

年度末・年度初めという忙しい時期、花粉症もつらく、気づいたら終わっている、なんてこともこの数年続いていて、先生の絵からはご無沙汰している。

うろこ美術館に行けばいつでも絵に会えるのは知っているが、なかなか神戸まで行くチャンスがない。

そんなとき、国立東京近代美術館に「ペテロ」があることを知った。ちょうど、自分が担任してもらっているときに出展された絵。常設展なら、いつでも会えるのでは? と思って、今調べてみたが、全部で9600点の所蔵があり、常設展は180~250点程度らしい。当たり前といえば当たり前だが、何となく歯がゆい。

ちなみに、8月はじめまでの常設展には出ていなかった。果たして8月以降、出てきてくれるだろうか。

|

« じゃじゃ | トップページ | 今日のお昼ご飯 »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135533/41630434

この記事へのトラックバック一覧です: 先生の絵に再会したい:

« じゃじゃ | トップページ | 今日のお昼ご飯 »