« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月22日 (木)

読売の意図はどこに?

とてもマイナーな記事だが、北海道滝川市で暴力団員とタクシー会社による生活保護費の不正受給があった。全国紙では唯一読売が積極的に報じている。

(第一報:2007年11月20日)----------------------

制度悪用し生活保護費詐欺、介護タクシー会社役員ら逮捕
 札幌市のタクシー会社役員らが、生活保護受給者が通院時に利用したタクシー料金の補助制度を悪用して生活保護費をだまし取っていたとして、道警は19日、介護タクシー会社「飛鳥緑誠介(あすかりょくせいかい)」役員、板倉信博容疑者(57)(札幌市北区)ら3人を詐欺の疑いで逮捕した。

 板倉容疑者らは、通常のタクシー料金に加えて「特別車両費」など架空費用を次々と計上する手口で請求額を水増ししており、昨年5月から始まった不正受給の総額は2億円近くに上るとみられる。

 ほかに逮捕されたのは、同社社員の小向敏彦容疑者(40)(札幌市白石区)と、生活保護を受給していた無職片倉ひとみ容疑者(37)。

 調べによると、板倉容疑者らは、実際にはタクシーの利用がなかったのに、片倉容疑者らが通院のため、滝川、札幌両市間を数往復したとして滝川市に運賃を請求。今月9日に150万円を不正受給した疑い。

 「搬送用の担架を装備した専用車を使用」「急病で深夜に呼び出された」などの名目で特別車両費や深夜料金なども上乗せしており、多い時には市から1か月当たり約1700万円のタクシー料金を受け取っていたという。

 市からの給付金は、代金を立て替えたタクシー会社に支払われる仕組みだが、板倉容疑者らは滝川市から、タクシー会社の法人名義口座ではなく、同容疑者らが自由に管理していた元会社関係者の個人名義の口座に入金させていた。このため道警は、板倉容疑者らが、市の審査体制の甘さなどを悪用して、犯行を続けていたとみて調べている。

 口座に入った金は分配していたとみられ、道警は口座からの出金状況などを詳しく調べている。

--------------------------------------------

うむ。これは悪いだろう。

そして、第二報が翌日、21日に流れる。

-----------------------------------------

生活保護費、暴力団資金に?タクシー補助詐取で元組員逮捕
 札幌市のタクシー会社役員らが、生活保護受給者が通院時に支給を受けられるタクシー料金の補助制度を悪用し、生活保護費をだまし取っていた事件で、北海道警は21日、元暴力団組員、片倉勝彦容疑者(42)を詐欺容疑で逮捕した。

 片倉容疑者の妻も逮捕されており、道警は、詐取したタクシー料金の一部が、片倉容疑者を通じて複数の暴力団関係者に流れたとみて調べている。(以下略)

-----------------------------------------

なるほど、逮捕された人の夫は暴力団員で悪質だったわけだね。

ところが、読売新聞、この事件をやたら追いかける。今日22日には、こんな記事を。

------------------------------------------

生活保護費詐取、タクシー補助で2億円超…滝川市側甘く
 札幌市のタクシー会社役員らが、生活保護受給者が通院時に支給を受けられるタクシー料金の補助制度を悪用し、生活保護費をだまし取っていた事件で、不正受給の総額は今年10月までの1年半で、約2億3300万円にのぼることがわかった。

 北海道警は、窓口となった北海道滝川市のチェック体制の甘さにつけ込み、受給者で詐欺容疑で逮捕された元暴力団組員片倉勝彦容疑者(42)らが請求額をつり上げていったとみて調べている。(以下略)

--------------------------------------

こうやってみると、19日深夜(20日未明)の一報以来、3度にわたって丹念に報じている。しかし、追求の矛先は、

  1. 不正請求をしたタクシー会社
  2. タクシー会社と共謀した暴力団員
  3. チェックできなかった滝川市

と、少しずつシフトしていっている。

 確かに、北海道新聞も同様の流れで取り上げている。しかし、北海道新聞はもっと細かく丁寧に取り上げている。もちろん、地方紙の優位はあるのだが、では、なぜ、全国紙のうち読売だけが今このネタを独走して連日取り上げるのかが気になる。というのも、暴力団員による不正請求も(もちろん許せることでは到底ないが)、業者による水増し請求も(これも到底許せませんが)、決して珍しいことではないから。

 全国でこういう事例はいっぱいあって、その都度締め付けを国が指示して、でも、肝心の不正を行う者はうまくすり抜けて、言われもなく締め付けられる正規の受給者がいっぱいいる実態がある。本当に罰するべき人たちが罰せられない理不尽が、多くの貧困層を締め付けている。読売の記事が、本当に生活保護をまっとうな貧困対策に持っていく方向に行けばいいのだが、どうも記事の動向を見ていると「生活保護受給者はうまくもうかりかねないから、行政は監視を強化せよ」という煽りを生みかねない危うさを感じる。

 先日も厚生労働省の中で、生活保護切り下げに向けた議論が展開された。この議論も、「最低賃金よりも高いことに世間の不満がある」という、「貧乏人」同士をいがみ合わせるような形で誘導されている。読売がこのタイミングで3日続けて記事を出しているのは、どうもこれの側面支援のような気がしてならない。

 いまさら連立騒動のことを持ち出すまでもなく、読売はますます自民党の一部の人たちの「機関紙」と化してきたように思える。報道機関ではなく、宣撫機関となってはいないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

「記録更新」はどうでもいいのですが

別に、プリプリより何ヶ月か早く武道館でやるとか、どうでもいいと思うのだが。こういう記録ってほんとよく見つけ出してくるよな。

まぁ、確かに、勢いいいよね、チャットモンチー。聴いていても飽きないし。

しかし、来年の3月31日はいったい自分はどうしているのだろう? 何の展望も見えないので焦ってくる。

チャットモンチー来春武道館2公演(日刊スポーツ)

 女性3人組ロックバンド、チャットモンチーが来春、初の日本武道館公演を行うことが17日、分かった。3月31日、4月1日に2公演を行い2万人を動員する。女性バンドで、デビューから2年4カ月での武道館2日公演は、プリンセス・プリンセスの2年8カ月(89年1月)を抜き、史上最短。19年ぶりに記録を更新する。同バンドは05年11月にデビューし、シングル「シャングリラ」がヒット。今年10月発売の2枚目のアルバム「生命力」はオリコンチャートで初登場2位を獲得し、20万枚を超えるヒットとなっている。

[日刊スポーツ:2007/11/18 10:12]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

西船橋、幕張

幕張にある図書館にお勉強に行こうとすると、地下鉄で西船橋に出て、乗り換えをすることになる。1度の乗り換えで済めば運がいいが、たいていは2度させられる(南船橋でもう一回)。

学生時代には西船橋に4年住んでいたこともあり、土地勘もあるから、だいたいご飯を食べに駅の外に出る。駅の中もずいぶん変わって、おしゃれになったが、どうもああいうところでご飯を食べるのは苦手だ。食べられるのは立ち食いそば屋ぐらい。廊下部分にはご丁寧に「この場での飲食は禁止」という旨の駅長名の掲示も出されていて、お金を高く払わないと駅構内ではビール一つ飲めなくなってしまった。

学生時代に、お金があるときに行っていた中華屋さんに行こうとしたら、牛丼チェーンに化けていてびっくり。仕方ないから、量が多いものを食べたいときに行っていた食堂に入る。昔とほとんど変わらぬ値段のショウガ焼き定食。納豆は付けなかったが、ここの納豆は、あらかじめ混ぜてあって、卵とネギ、青のりが入っている。テーブルもいすも15年前そのままで、働いている二人のおばちゃんも変わらない。

「変わらない」と書いたが、当然、おばちゃんは15歳年を取って変わっているはず、なのだが、自分の記憶と変わらぬおばちゃんである。ひょっとして年を取らないのか?? それとも、若かった自分からは、「おばちゃん」はみんな同じに見えていたのだろうか。

幕張から帰るときはもう真っ暗で、道を渡り公園を横切った。公園の中は本当に真っ暗で、うっかり道を外れて芝生を歩いた。

あ、久しぶり。この足の裏の感触。

考えてみたら、いつもいつもアスファルトの上しか歩いていない気がする。靴にまとわりつく草の感触が気持ちいい。思わず手を伸ばしたら、指先がひんやりとした緑のにおいに包まれた。

これが今日一番の収穫かも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

ただ涙が出る

 仕事がどうなるかよく分からないから、行けなかった。テレビ観戦には間に合ったから、後で思えば行けないことなかったのかも知れないが、それは結果論。

 入場時から涙腺が緩くなっていた。試合中のことはいろんなところで、いろんな人が書かれるでしょうから、あまり書きませんが、90分間みんな気持ちが入っていた。ディフェンスラインも、集中を切らさず本当にすばらしかった。永井のシュートはもちろんだけど、ワシントンも前から追っていて本当にひたむきだった。

 内舘を入れて(ちょっと心配になったけど)、達也を入れて、最後にワシントンを下げて(ちょっとびっくりしたけど)、岡野を入れたときにはそれだけで涙が出てきた。岡野がスタンバイしただけで涙が出てきちゃったよ。

 スタジアムのサポーターも本当に気持ちが入っていた。あの中にいたかった。

 心から、おめでとう。We are Reds!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

マイクロソフトおばかさん

まぁ、IMEに限らず、MSのお馬鹿さ加減については今更はじまった話でもないのですが。下記にもありますが、「事務所」が変換できないことで結構不便を被りましたので、ATOKに乗り換えました(もちろん他にもいいたいことはいっぱいあるが)。

ATOKに乗り換えたのは自分だけではなかったのね、ということを確認できただけでもよかったわ。下記のMSのいいわけもすごいね。「誤変換で確定すると間違える」って、こんな責任転嫁ありですか? そもそも誤変換することがおかしいでしょ。

古川氏が例示した「派無(話)」の誤変換はおそらく、「○○派」と入力する際に「○○は」と出てきたので、「○○」と「は」を区切り直して変換してなおしたのが原因かと思われます。MSIMEはそういう変換をいったんしてしまうと「は」=「派」としか認識できなくなるので、「はなし」も「は」と「なし」に文節区切りを試みてしまいます。まさかMSはこれも「誤変換の確定」と居直るのでしょうか。

(以下、引用)

MS日本語入力ソフト 「使えば使うほどお馬鹿に」(J-CASTニュース)

   マイクロソフト(MS社)からリリースされた新OS「ウィンドウズ・ビスタ」を、ブログで最低の品質」と書いて議論を呼んだ、古川亨さん(元MS日本法人会長)が、また新たにブログで「古巣」に矛先を向けている。日本語入力ソフトMS-IMEのことを、「使えば使うほど、お馬鹿になっていく」とこき下ろしているのだ。実際、漢字変換がおかしい、手間がかかって使いにくい、と感じている利用者は多い。

(略)

   また、…(略)…「事務所」「スーファミ世代」「オリコン」といった、大して難しいとは言えない言葉が変換できない、という指摘が上がっている(この3単語、J-CASTニュース記者が使っているATOKでは、1回で変換できた)。

   なお、古川さんの指摘について、マイクロソフトの広報部にコメントを求めたところ、

「Vista IME(正式名称はMicrosoft IME)/Office 2007 IMEのどちらも、ミスタイプ、誤変換のまま確定、削除というような動作を繰り返すと、その学習結果の副作用として変換効率が悪くなる(予期しない変換結果や以前誤変換のまま確定してしまった漢字がでる)可能性はあります」

と、トラブルの原因を推測。誤変換のまま「確定」させてしまうと、いわば「お馬鹿になる」、ということのようだ。


[J-CASTニュース:2007年11月06日 15時45分]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太りすぎなのか、鼻炎なのか

朝がつらい。

妻曰く、夜中たまに数十秒呼吸が止まっているとか。←頼むから助けてくれ^^

そんな朝はとても頭が重い。寝た気がしない。ひょっとしたらこれが話題の「無呼吸症候群」なんだろうか?

そう言われてみると喉のあたりのお肉が増えた気もする。以前から花粉症もひどく、鼻炎が年中という感じもするし。今も右の鼻がほとんど空気を吸えず、つらい。あまりがんばると過呼吸っぽくなるし。原因はいずれにせよ、夜中呼吸できていないのはどうやら事実のよう。

東京に住んで、不健康な生活をしている限り、この状況は変わらないのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

菊花茶

コーヒーが苦手なせいか、お茶をよく飲む。茶毒蛾よけの農薬が、という話もあるが、あきらめもついた。

コーヒーが嫌いなわけではないけれど、飲むと頭がくらくらする。だから、眠気覚ましのために飲むのではなく、くらくらさせて眠るために飲む。ベトナムコーヒーがおいしい。

今、家に菊花茶がある。最初は物珍しさで中国で買った。日本でも入手できるようだが、なにぶん安かった。農薬は、、、まぁ、表示を信じる以外にない。

知らずに飲んでいたが、どうやら眼精疲労など、パソコン病に効くらしい。いいことだ。毎日適当に飲んでいれば仕事もはかどるかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

お庭

何か忘れたが(クレジットカード会社だったろうか)景品で「花の種」をもらった。袋に入った種はとても小さくて、ホコリと見間違えそうなものだった。

だいたい、こういう園芸はよくわからないので、どうせ失敗するだろうと思って適当に種をばらまいて、土をかぶせておいたのだが、ある日突然一斉に芽吹いて花を付けた。

Marygold2 マリーゴールド

Marygold こんな感じに乱雑に蒔いてしまった

来年、何かを植えるとしたら、もう少し丁寧にやろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »