« これを検閲と言わずして | トップページ | 安倍さん、他にやることないのかなぁ? »

2007年4月 1日 (日)

中国で飲んだビール

もうだいぶ前だし、味はかなり忘れてしまいました。。。とりあえずリストアップを。せっかく写真撮ったし。本当はもっと飲んだはずなんだが…

Bossbeer

順不同ですが、まず「老板ビール」から。こう書いて、英語では「BOSS Beer」だそう。瓶はチンタオのリユースだったことからも分かるように、山東省の威海にある威海ビールの主力商品です。なぜか、長春発ハルピン行きの列車で売っていました。

Keller

続いては、凱龍ビール。こう書いてKellerだそうです。薄いなぁ、と思いながら飲んでいると、裏のラベルにはミラーの技術を導入してさっぱりとした味云々と説明書きが。なるほど。

Jinsber

3番目は金士百ビール純生。これでJinsberと英語の振り仮名(?)が付いていました。長春は寒くて、ビールという気分でもなかったのですが、ついつい辛い食べ物を食べていると頼んでしまいました。

Qingdaogusheng

こちらは、青島古生ビール純生。「純生」って流行の言葉なんですかね。大連発長春行きの夜行列車の中で飲みました。途中までがんばって飲んだのですが、薄甘くてギブアップ。なんじゃこりゃ?という味でした。

Haerbin_1 Haerbinbeer

中国ビールといえば、チンタオが有名ですが、実はハルピンも歴史と消費量からいうと群を抜いています。なにせ、1900年(日露戦争より前)からビールが造られはじめたとか。フルーティーな小麦ビールをはじめ、何種類かバリエーションもあります。

Ebichan

これはおまけ。大連の富士フィルムFinePixの広告。エビちゃんですな。下に小さく「日本人気女王」と書いてあります。中国人にも受けのいい顔なんでしょうか?

|

« これを検閲と言わずして | トップページ | 安倍さん、他にやることないのかなぁ? »

「お酒~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135533/14489309

この記事へのトラックバック一覧です: 中国で飲んだビール:

« これを検閲と言わずして | トップページ | 安倍さん、他にやることないのかなぁ? »