« 「大勝軒」閉店かぁ。 | トップページ | 中国で飲んだビール »

2007年3月27日 (火)

これを検閲と言わずして

読売新聞も、こんなニュースを論評なしに伝えていいのか?

事実上の検閲だろ、こりゃ。

 放送事業者自身に判断は任せるというが、処分をちらつかせた圧力は確実に出てくる。第一、報道番組であっても、プライバシーの保護の観点から、ある程度事実をぼかさざるを得ない再現シーンなんかもあるし、ひとつの事象をめぐって解釈が違ってくることもある。これを「捏造では?」と総務省が騒いで、「捏造かどうか判断をしなさい」とプレッシャーをかけることだって可能になる。

 この総務相の発言に対して、マスコミは「いい子ちゃん」で居続けるのか? それとも、もはや手遅れなぐらい、反論できないほどの力関係があるのか?

(以下引用)
捏造処分は全番組対象に、再現ドラマにも…総務相方針(読売新聞)

 菅総務相は27日の閣議後の記者会見で、捏造(ねつぞう)した番組を流した放送局に対する新たな行政処分案に関連し、処分対象は番組のジャンルを問わず、ニュースやバラエティー、再現ドラマなどすべての番組に適用する方針を示した。

 処分の適用の条件として、菅総務相は「検閲などする気は全く無い。捏造が明らかで、国民に多大な影響を与えること」と述べた上で、捏造にあたるかどうかの判断は、放送事業者自身に任せる考えを示した。

 一方で、菅総務相は「(放送局の)自浄能力に任せるというのは国民の理解を得られない。再発防止を約束してもらうことが必要だ」とし、新しい行政処分導入に理解を求めた。

|

« 「大勝軒」閉店かぁ。 | トップページ | 中国で飲んだビール »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135533/14428987

この記事へのトラックバック一覧です: これを検閲と言わずして:

« 「大勝軒」閉店かぁ。 | トップページ | 中国で飲んだビール »