« 城田さち(2007)『ことばの魔法』飯塚書店 | トップページ | これを検閲と言わずして »

2007年3月20日 (火)

「大勝軒」閉店かぁ。

学生時代、たびたびお世話になりました。ボランティアキャンプリーダーなんてことをやっていた時代に、よく先輩達に連れて行ってもらったものです。徹夜して飲んだ翌日、少し休んでから列に加わって、じっと列が動くのを待ったものです。

つけ麺が有名なんて最初は知らなくて、ただやたら量の多い店、というだけの印象でした。とにかく、量が多かった。割と大食いな自分でさえ、最初は洗面器のような大盛りラーメンを食べ切れなかった。つけ麺じゃないと、どんどん膨れるから、ゆっくり食べていると最後はとんでもない分量になった。

つけ麺の麺を温かくした状態で持ってきてもらうこともここで覚えました。甘酸っぱいスープの香りが最初は慣れなかったけれど、少しずつ癖になっていきました。

最近、近所に2軒のれんわけのお店を発見していて、たまに行っています。本店にもたまには行ってみたいなと思っていたのですが、閉店間際だからってさすがに5時間待ちじゃぁねぇ。ところで新聞では、100店舗ぐらいのれんわけがあるとか。だったら、そんなに残念がることもないのかしら。

|

« 城田さち(2007)『ことばの魔法』飯塚書店 | トップページ | これを検閲と言わずして »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

さち~
自分は、高田馬場(日本点字図書館のそば)と小滝橋通り(大久保駅近く)に行ったことがある。結構あちこちにあるよね。

投稿: tachinomiya | 2007年3月23日 (金) 18時40分

大勝軒ってあちこちにあるけど、店によって味も値段も違うよね~。
私は中野の南口によく行きます。
江古田店(と言っても最寄駅は沼袋)を絶賛する人もいるけど、
わてはそうでもなかったかな~??

投稿: sachi | 2007年3月23日 (金) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135533/14328946

この記事へのトラックバック一覧です: 「大勝軒」閉店かぁ。:

« 城田さち(2007)『ことばの魔法』飯塚書店 | トップページ | これを検閲と言わずして »