« 地球の歩き方inバンコク | トップページ | ギネスビール »

2006年11月 4日 (土)

テストの平均点で学校にランク

まだ、足立区のホームページには出ていないのでなんとも言えませんが、まぁ、何と申しますか、方法が稚拙ですなぁ。

平均点の「伸び率」を高くしようとしたら、簡単。知的障害を持っている子を積極的に養護学校や特殊学級(最近は特別支援学校・学級だそうですね)に転籍させればいいわけです。あるいは、「問題行動」を探し出して、積極的に発達障害児扱いして「枠外」に持っていってしまうか。でも、こんなやり方をして増やした「特色作り予算」に何の意味があるのでしょうかね。

テスト結果の単純平均では、学校の努力がどう反映されたかという適切な数字は出ません。教育成果を数値化すること自体は一律には否定しませんが、個々人の学習達成度をベースにした指数作りなども可能ではないでしょうかね?皆が皆東大生になれるわけではないのですよ。

第一、予算を減らされた学校は、もっと学力向上が難しくなるような気もします。こういうやり方では、なぜ学習成果が上がらないか、という原因究明と問題解決からもっと遠のくでしょうね。なぜなら、校長には任期中に手っ取り早く成果をあげて、無難に過ごそうというインセンティブが強く働き、問題を自ら明らかにしなくなるからです。結果として、上述のように、成績下位の者を「取り除く」方向に走ると思います。

小中学校予算に学力テストの結果を反映…東京・足立区

 東京都足立区教委は来年度から、区立小中学校への予算配分に、都と区が実施している学力テストの結果を反映させる方針を決めた。

 テストの平均点などから各校を4段階に分類し、各校の独自の取り組みに支出する「特色づくり予算」の配分を、1校あたり500~200万円と格差をつける。区教委教育政策課は「子供の能力に序列をつけるのではなく、学校経営を評価するという趣旨。学校の経営改革として実施したい」としている。

 学力テストは、都が毎年1月、区は4月に実施している。区教委の計画では、区内72の小学校と37の中学校について、各校のテストの平均点や前年度からの伸び率、校長の経営計画などから点数化、ABCDの4段階に分類する。Aは全体の約1割、Bは約2割、Cは約3割、Dは約4割とする予定。分類結果は公表しない。

(読売新聞) - 11月4日12時48分更新

|

« 地球の歩き方inバンコク | トップページ | ギネスビール »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135533/12550204

この記事へのトラックバック一覧です: テストの平均点で学校にランク:

« 地球の歩き方inバンコク | トップページ | ギネスビール »