« 『赤』ギネス | トップページ | 地球の歩き方inバンコク »

2006年11月 1日 (水)

6カ国協議再開ねぇ

実際のところ、すんなりと年内再開にはならないかもしれないしねぇ。

自分の勝手な読みでは、アメリカが中国の勧めで陰で相当譲歩をしたような気がする。とにかく中間選挙を前にして、ブッシュ政権は北朝鮮に対して圧力をかけ続ける外交の成果を作っておかなくてはいけないでしょう。中国も、これ以上仲介を失敗するという「不名誉」な実績を作るわけにはいかない。

ここで、両者に奇妙な合意が生まれたはず。どっちも、北朝鮮が最後まで6カ国協議に無条件に復帰するとは信じてはいないでしょう。

こうなってみると、はしごを外されたのはまたしても日本。安保理ではあんなにがんばったけれど、がんばった成果はあっという間に米中が利用しちゃった感じがある。この合意を受けて、まがりなりにも「成果」が見られて、アメリカが制裁の手を緩めるようなことがあれば、安倍内閣の一連の強硬姿勢は宙に浮いてしまう。結局補選対策のパフォーマンスにとどまる可能性がでてくる。

アメリカにしても、中国が乗ってこない中で、一カ国だけ臨検を主張しても、負担が重いだけでしょう。日本も与党の一部は自衛隊による臨検への参加を言っておられるようだが、今の体制では何かが起きたときの責任は誰も取れないのでは?

安保理の決議の主導をしたところまでは日本外交はよかった。でも、その後の一連の独自制裁はもう少し小出しにすべきだった。下手したら、もう切るカードがないかもしれない。一時的な内閣の人気取りとしてはよかった、というだけにならないか?

|

« 『赤』ギネス | トップページ | 地球の歩き方inバンコク »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135533/12517474

この記事へのトラックバック一覧です: 6カ国協議再開ねぇ:

« 『赤』ギネス | トップページ | 地球の歩き方inバンコク »