« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月27日 (日)

ビジネスマンは大変ね

「社会人のビジネスマナー講座」なるサイトを見つけた。

まぁ、常識のないとされる新人さん向けの基本的な講座ではあるので、当たり障りのないことが一杯書いてある。

タクシーの乗り方やエレベーターの席順などについても図入りで入っていて分かりやすい…のですが。。。こんなので目くじら立てるお偉いさんって、大したことない人かもしれない、と思ってしまう。一方で、そうした気も使えない新人さんもどうかなって思う。

地域社会やお家や学校で得たものをベースに想像力をちゃんと働かせればたいていのことはクリアするのでは?という気もするのだがどうだろう? 要はまともな社会との接点を経験しないことに問題があるのかな?

しかし、このサイト、日本語が若干ルーズだし(です、ますとだ、であるがごっちゃになっていたり、誤字脱字があったり)、そもそも、これを作った人が何者かどこにも自己紹介が見当たらなかったりと、それこそビジネスマナーに反するのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

ほんとに泳いで平気なの?

千葉県の手賀沼でトライアスロンをやるらしい。

確か、めちゃめちゃ汚い沼ということでワーストワンの常連だったような気が。きれいになったというアピールの意味も込められているようだが、本当に泳いで平気なのだろうか? 実行委員会の人々はおなかをこわしてはいないと言うが。

国立環境研究所のデータによれば2004年3月の大腸菌群数は

河口湖 33MPN/100ml に対して
手賀沼 3300MPN/100ml となっている

この数値の意味するところは専門家でないからよく分からんが、単純に考えても河口湖よりも相当大腸菌が多いってことでしょ? うーん。

鉄人レースで「汚水返上」千葉(共同通信)
 「全国で最も汚れた湖沼」との不名誉な記録が2000年度まで27年間続いた千葉県の手賀沼を泳ぐ「第1回手賀沼トライアスロン大会」が27日、開かれる。実行委員会は「『汚水返上』をアピールするとともに、毎年開いて水質浄化の象徴にしたい」と意気込む。レースは手賀沼に架かる手賀大橋のたもとを出発。300人以上が参加し、スイム1.5キロ、自転車40キロ、ラン10キロのコースを激走する。
[共同通信社:2006年08月19日 11時30分]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

ビール味のチュウハイ?

サントリーの「サマー・シュート(生)」という発泡酒を試した。

炭酸多めっていうのが、なぜ宣伝文句になるのが理解できない。
ワールドカップも終わったのにサッカーがねたになるのも理解できない。
コンビニでも、冷蔵庫の下の方にかろうじて見える程度で見逃しそうになった。
……などなど、突っ込みどころは満載です。

Suntorysummershoot サッカーボールはやっぱりこのデザインが分かりやすいのかな?

確かに炭酸が多いから、シュワシュワ感は強いけど、味が分からん。

翌朝、飲み残しを流しに捨てたら、「シュワ~」と炭酸飲料そのものの音。いったい何を飲んだのだろう??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

日本のアニメが見れなくなる?

 日本のアニメは、単に子供向けの物語の域を超えて日本の文化を海外に伝えるツール(時としてこれでいいのか?と思いつつも)であることは広く知られているはずです。古くは、マジンガーZだったり、最近だとなんだろう? …とにかく、日本のアニメは広く世界の人々の心を捉えてやみません。

 日本政府系銀行である国際開発銀行も円借款事前評価の中で、

日本の番組が購入され、中国のテレビ・ラジオで、日本の番組(映画・ドラマ・アニメ)、日本の音楽が放送・放映されることは、「対中国経済協力計画」にいう「中国人が実際に日本人や日本文化に触れる機会」を提供し、日本人及び日本文化の浸透を図るものであり、その増加は「両国国民間の相互理解の促進」に寄与し得る。

としていたのですが、下記のような決定がいきなり下されてしまうと、国際協力の端っこにいるものとしては考えさせられます。明らかに人々のニーズから来る決定ではないし。

中国、海外アニメ放映禁止(共同通信)

 【北京・共同】中国政府は13日までに、日本など海外のアニメ番組をゴールデンタイムに放映することを9月1日から禁止する方針を決定し、全国のテレビ局に通知した。中国紙、北京青年報が13日に報じた。中国では日本のアニメ番組が圧倒的に人気を集めており「日本文化に若者が感化されてしまう」(国内ウェブサイト書き込み)と警戒感を示す声が高まっている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 2日 (水)

やせ我慢を強いると続かない

暑さに強くないと環境省に就職できないようですね。

 冬は、OA機器の熱や断熱性の高いビル構造、下にいる厚生労働省の暖房のおかげでそれなりに大丈夫なようですが、夏はすべてが逆風になるようです。

 こういう極端なやせ我慢を一部の役所がするよりも、もう少し緩やかな我慢を皆でシェアした方が効果は高いだろうに。これではクールビズに皆躊躇しちゃうよな。

温暖化対策でアッチッチ(共同通信)

 地球温暖化防止対策の一環として、冷房設定を28度にしている環境省で、OA機器の出す熱などで室温36度を記録した部署もあり、職員から「オフィスの室温を28度以下としている労働安全衛生法に違反している。熱中症になりそうだ」と悲鳴が上がっている。庁舎のエアコンは一括管理され、午前9時半から午後7時の間だけ稼働。オフィスは室温30度を超える日が少なくない。

[共同通信社:2006年08月02日 08時00分]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »