« vs大分トリニータ | トップページ | 21世紀も隠れキリシタン!? »

2005年9月11日 (日)

どーしよーもねーな、こりゃ

自民大勝

すごいね。

まだ、開票はほとんど進んでいない段階だが、比例はそんなに大差がついてない。まぁ、小選挙区制度を導入するときから、こういうことが起きるのは分かっていたわけで。

普通だったら、4年後目指して党勢を立て直そうとか、そういうことになるんだろうけれど、2大政党が主義主張できちんと分かれていない、未成熟な段階だから、どうだろう。武部の言うとおり、民主からぼろぼろと自民に流れ込んでくるんじゃないかな?

公明も完全にルビコンを渡ってしまったね。自民党の低所得層対策部隊と化してしまった。本当に連立を組むのであれば、小手先の手当制度の拡充ではなくて、真剣に全面的な政策協議をするべきでしょう。もう、切り捨てられてもかまわないぐらい自民が勝っちゃったから、遅いかもしれないけど。投票率の高さからして、彼らの組織票の功績は相対的に低かったしね。

一時は、自民は公明におんぶに抱っこといわれていたが、ここまで来ると、逆に連立を離れると存在価値が本当になくなってしまうのではないかな?自民単独過半数では、「連立抜けるぞ」カードも意味ないし。

この選挙は、「郵政」なんかは争点ではなかった。郵政はどの道、どっちが政権をとっても何がしかはせざるを得なかったわけだし、4年間の任期のほんの最初の数ヶ月の話題でしかない。まぁ、今後、参議院への揺さぶりも含めて、自民党が改憲可能な勢力を構成できるかどうかが鍵でしょう。

|

« vs大分トリニータ | トップページ | 21世紀も隠れキリシタン!? »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135533/5895565

この記事へのトラックバック一覧です: どーしよーもねーな、こりゃ:

» 「小選挙区制度の危険性」の露呈 [名無しの芸能観察記]
今回の選挙は「小選挙区制度の危険性」が、あからさまになりましたね。 与党や与党を支持する人すら、恐ろしさを感じたんじゃないでしょうか。 逆の風が吹けば、真逆の結果が出た可能性だってあった訳ですから。 例えば、自民候補10万:民主候補9万の選挙区が10ヶ所ある...... [続きを読む]

受信: 2005年9月12日 (月) 14時00分

» 総選挙の結果を見て [社長の本音日記]
注目の総選挙は世論調査どおり(以上?)の自民党の圧勝という結果となりました。 連立与党の公明党が減らしての中の圧勝であり、全体を見ると自民党一人勝ち、民主党が大惨敗一人負けと言った様相です。 産経新聞「自民大勝、15年ぶり単独過半数 与党327」 htt...... [続きを読む]

受信: 2005年9月12日 (月) 14時25分

« vs大分トリニータ | トップページ | 21世紀も隠れキリシタン!? »