トップページ | 2005年10月 »

2005年9月26日 (月)

ML立ち上げた

仲間内のお勉強のためにMLを立ち上げました。

ニフティーの設定はとてもめんどくさくて、いやです。って、自分のスキルが足りないだけなのかしら? 3時間ぐらいかけてようやくMLが完成!

さぁ、議論よ、盛り上がれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月25日 (日)

まろやか酵母

別にキリンのファンではないのだが、今日はこれを飲んだ。

maroyaka

キリン「まろやか酵母」 酵母が生きてるチルドビール なるサブタイトルが付いている。

てっきり、「まろやか」というから、銀河高原ビールみたいなのを想像して買ったら、ぜんぜん違って、ふつーのビールであった。自分のような味オンチにはさっぱりありがたみがわからんかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のノンタ

6ヶ月になりました。

かわいいもんです。

nonta2

無理やり立たせているわけではありません。勝手におなかを見せてうちのかみさんにもたれかかっています。

モルモットってこんなに油断する生き物だっけ?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月24日 (土)

ビールよりトイレ?

昨日は、仕事帰りにここで飲みました。

東京人ならほとんどの人が一度は見たか聞いたかしたであろう、アサヒビール「ウ○コビル」の下です。呑み屋めぐり専門の方からは酷評をされているようですが、昨日は祝日なのに込んでいなくてちゃんと泡のあるビールでした。

東京地ビールの吾妻橋と黒ビール(名前忘れた)を飲みました。まぁ、可もなく不可もなくといったところでしょうか。

上記の評価の方もおっしゃってましたが、トイレが秀逸です。一緒に飲んだ友人によれば、トイレットペーパーが風にたなびくそうです。自分は見そこないました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨です

横浜戦です。いよいよ今季の山場になってきました。とても厳しい試合になるでしょう。でも最後にはきっとレッズが勝つでしょう。

行きたいのはやまやまなのですが、今日は行けません。

家にはBSもありません。

埼玉テレビも入りません。

ただ、インターネットで経過を眺めるだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月19日 (月)

ヱビスに黒なんてあったっけ?

なんとなく前からあったような気はしたけれど、貧乏人には縁がないビールなので、気にならなかっただけかな?

yebisukuro

がんばって315円払って買いました。

思ったよりも飲みやすいです。単に自分の肝臓の調子がいいだけかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「中華民国」使うべからず

外務省のホームページを見ていたら、

台湾の居住者に対する査証免除の実施について

なるお知らせがあった。台湾の居住者って何??

最初は、台湾に住んでいる日本人のことかと思ったけど、どうも違うらしい。よーく読むと、台湾人のことのよう。国交がないから、「台湾人」とか「中華民国人」とかとも言えないらしい。

以前、仕事でやったイベントで外務省の後援をもらったときに、外務省から「誓約書」なるものを出させられた。「中華民国」とか「Republic of China」「ROC」の表記はもちろんのこと、台湾の国旗の掲示もしませんということを誓約しないと、日本の外務省は後援をしてくれないことになっている。

taiwan 台湾の国旗 青天白日旗

だから、イベントに参加する台湾人は、「中華民国」の国民ではなくて、台湾という「地域」に住んでいる住民としてカウントすることにした。だからなんだ?という気もせんではないが。

民間のイベントにすらこんなプレッシャーをするんだよね。難しい政治事情でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中秋の名月

昨晩ネットサーフィンをしていたら、中秋の名月だったことを思い出した。

かみさんと夜中の都会をさまよって、月餅を買った。なかなかないもんだね。昼のうちに売り切れていたらしい。2件目のスーパーの片隅でやっと見つけた。

yueping

中村屋の月餅は中にレーズンやパイナップル、レモンピールも入っている。本場中国の月餅には何が入っているのだろうか?

とにかく、近所の公園で二人して食べながら月を見ましたとさ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

聖教新聞の勧誘

風通しがいいので、ドアを開けてごろごろしていたら、おっさんが部屋を覗き込んできた。

「もう新聞いっぱいだよね?」

「うん。もうだめ」

「何取ってんの?」

日経

「そっか。じゃぁだめだね。また何かあったら、聖教新聞もよろしくね。じゃぁね」

「うん。……ん?」

なんか、これまでの聖教新聞の勧誘と違ってふつーの新聞の勧誘みたいでびっくりした。あれで洗剤とか持ってこられたら入ってしまいそうなソフトな勧誘だった…

しかし、日経と答えておいてよかった。あれで赤旗などと答えようものなら、近所の目が突然変わったりして? 団地住まいはどうでもよいことに気を使う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月17日 (土)

プリン体は怖いのか?

まぁ、怖いんでしょうなぁ。痛風やだし。

でも、かるくやばいとか、アルファを飲むぐらいなら、やっぱり、

hoppy

ホッピーでしょ。(写真は黒ホッピー。奥の緑のビンは緑茶割用の緑茶)

ちなみにホッピー社によれば、ホッピーは氷をいれずに、かき回してもいかんのだそうな。ところが昨日行ったこの写真の店では、氷がたっぷり入った焼酎が出てきた。2軒目でも氷の入った焼酎が出てきた。

どうなっておるんだ、新板橋。安くてうまいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月)

今日のお勧め

学生時代から、この季節はこれですな。

osusume

今日のお薦めは、キリン秋味。

アルコール度ちと高め。といっても0.5%分だけだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

21世紀も隠れキリシタン!?

きみがこは きよき おしろに たたれ ちちの いさおとなりて こえの みつまで
この詩、どこかで見たような・・・

小学校・中学校でクリスチャンの子供たちが君が代を斉唱するのを拒んで、指導を受ける例が出ているとかで、とある牧師さんが提案した、「大声で歌っても平気な君が代」。

意味は

きみがこは = 生ける神の御子であられる真の君イエス・キリストは
きよき おしろに たたれ = 聖なる天のみ国において
ちちの いさおとなりて = わたしたちを罪とその力から解放するために、わたしたちに代わって、ちちなる神の功となられ
こえの みつまで = その統治は、とこしえに。アーメン

うーん。観音像の裏にマリア像が隠してあった話を思い出してしまった。

こんなんなるまで「指導」をせんといかんもんかねぇ。この歌を歌っているとばれたら、やっぱり、天皇をたたえよと「指導」するのかね?

http://www.christiantoday.co.jp/template/news_view.htm?code=sn&id=230

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月11日 (日)

どーしよーもねーな、こりゃ

自民大勝

すごいね。

まだ、開票はほとんど進んでいない段階だが、比例はそんなに大差がついてない。まぁ、小選挙区制度を導入するときから、こういうことが起きるのは分かっていたわけで。

普通だったら、4年後目指して党勢を立て直そうとか、そういうことになるんだろうけれど、2大政党が主義主張できちんと分かれていない、未成熟な段階だから、どうだろう。武部の言うとおり、民主からぼろぼろと自民に流れ込んでくるんじゃないかな?

公明も完全にルビコンを渡ってしまったね。自民党の低所得層対策部隊と化してしまった。本当に連立を組むのであれば、小手先の手当制度の拡充ではなくて、真剣に全面的な政策協議をするべきでしょう。もう、切り捨てられてもかまわないぐらい自民が勝っちゃったから、遅いかもしれないけど。投票率の高さからして、彼らの組織票の功績は相対的に低かったしね。

一時は、自民は公明におんぶに抱っこといわれていたが、ここまで来ると、逆に連立を離れると存在価値が本当になくなってしまうのではないかな?自民単独過半数では、「連立抜けるぞ」カードも意味ないし。

この選挙は、「郵政」なんかは争点ではなかった。郵政はどの道、どっちが政権をとっても何がしかはせざるを得なかったわけだし、4年間の任期のほんの最初の数ヶ月の話題でしかない。まぁ、今後、参議院への揺さぶりも含めて、自民党が改憲可能な勢力を構成できるかどうかが鍵でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年9月10日 (土)

vs大分トリニータ

今帰ってきました。

スコア以上に見ていてまったく勝てる気がしない試合だった。はぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 4日 (日)

まずはここから

最初ですからね。ブログもよくわからんし。

とりあえずは新しい家族でも紹介しましょう。

nonta

ノンタ君でーす。 わかりにくいけど、正面向いてるんだよ。

男の子。5ヶ月ぐらい(らしい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年10月 »